スマホ 格安SIM

格安SIM「nuroモバイル」が「Xperia」を販売開始。ドコモ購入端末・料金の違いあり

投稿日:

SIMカードとスマホ

ついに、ドコモ系MVNO「nuroモバイル」が「Xperia」を販売します。

ソニーネットワークコミュニケーションズは11月28日、同社が提供する格安SIM「nuroモバイル」において、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の5.5型ハイエンドAndroidスマートフォン「Xperia XZ Premium」を1万3,000台限定で取扱開始と「Xperia限定 プレミアム帯域オプション」のサービス開始を発表しました。

スポンサーリンク

 ついにキター!格安SIMで「Xperia XZ Premium」を購入可能に

ソニーネットワークコミュニケーションズは、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している格安SIMサービス「nuro(ニューロ)モバイル」において、ソニーブランドのハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」の販売を2017年11月28日(火)より開始しました。

やっと、「Xperia」を格安SIMで契約できます。「なんで、格安SIMの端末ラインナップにXperiaがないの?」その不満は大きかったと思います。今までは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアが販売しているXperiaの白ロム・中古端末などを自分で用意して、格安SIMと契約しなければなりませんでしたが、そのめんどくさかった手間がなくなります。

nuroモバイルがXperiaの取扱を開始したので、携帯キャリアで購入するのと同じように、端末を分割払いで購入することができるようになりました。これで、格安SIMでもXperiaを購入しやすくなりますね。

nuroモバイルは、データ通信容量が1GB刻みのシンプルな料金体系や、時間制(5時間プラン・深夜プラン)でデータ通信を使い放題、翌月の高速通信容量を「前借り」できるサービスなど、ユニークなサービスが特徴の格安SIMサービス提供会社です。

楽天モバイル、LINEモバイル、mineoなどの格安SIM会社と比較して、一般的な知名度は低いですが、端末ラインナップにXperiaが加わったことで、今後利用者が増えそうですね。

「nuroモバイル」が「Xperia XZ Premium」を限定1万3000台で販売

nuroモバイルで販売される「Xperia XZ Premium」は、NTTドコモ向け「Xperia XZ Preimium SO-04J」相当の日本国内版となっています。

1万3000台限定販売で、今後のXperia(エクスペリア)シリーズの展開は具体的に決まってないとのこと。反響しだいで今後の方針が決定するようです。おなじソニーグループなので、Xperiaの取り扱いをしないほうがおかしいと思うので、ぜひ、高機能なハイエンドモデルだけでなく、3万~5万円台のミドルレンジの端末もG販売してほしいです。

ドコモ版とnuroモバイル版「Xperia XZ Premium」の違い

スペック的には、ドコモで販売しているモデルと同じで、おサイフケータイやフルセグにも対応しています。

  • SIMフリー(SIMロックなし)
  • 一括購入の場合:99,800円
  • 36回割賦購入の場合:毎月2,685円~
  • 本体色はディープシーブラックのみ
  • おサイフケータイ(Felica)に対応
  • ワンセグ・フルセグに対応
  • 背面に「NTT docomo」ロゴなし
  • ドコモ向け各種アプリのインストールなし

本体カラーは、Deepsea Black(ディープシーブラック)のみで、端末にSIMロックは掛けられておらず、他社のSIMカードも仕様上は利用可能(nuroモバイルの動作確認は、ドコモ網のみ)ですが、動作保証はしないとのこと。

ドコモ版にプリインストールされているドコモ関連アプリは入っておらず、背面にドコモのロゴもありません。

ドコモで購入したスマホに格安SIMを挿して利用しているのですが、ドコモ関連のアプリってアンインストールできなくて邪魔なので、最初から入ってないのはありがたい。しかも、おサイフケータイに対応しているのもポイント高いです。

nuroモバイル版の「Xperia XZ Premium」の詳細については、公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

nuroモバイル版「Xperia XZ Premium」の料金概要

端末価格は一括が9万9,800円(税別)で、36回分割払いだと毎月2,685円(初回のみ5,819円)となります。割賦購入は36回払いしか選択できません。

  • 一括購入の場合:99,800円(税別)
  • 36回割賦購入の場合:2,685円/月(初回のみ5,819円)

料金プラン例

プラン名 プラン概要 1年目の月額料金(税別)
リーズナブルプラン 音声通話付き2GBプラン 月額2,980円~
ベーシックプラン 音声通話付き2GBプラン、プレミアム帯域オプション、
10分かけ放題オプション
月額3,980円~
ベーシックPlusプラン 音声通話付き2GBプラン、プレミアム帯域オプション、
10分かけ放題オプション、端末補償サービス
月額4,480円~

 

リーズナブルプランなら音声通話とデータ通信量2GBが付いて、1年目の毎月の支払額が2,980円から利用できます。さらに、専用のデータ通信帯域の「プレミアム帯域オプション」と10分かけ放題の「nuroモバイルでんわ」(月額800円)が付いた「ベーシックプラン」なら、1年目月額3,980円となります。ベーシックプランに端末保証(月額500円)を付けた「ベーシックPlusプラン」なら、1年目月額4,480円から利用できます。

データ通信オプションは、高速データ通信容量1GB刻みの「容量プラン(2GB~10GB)」、1日5時間高速データ通信が可能な「5時間プラン」、午前1時~6時まで高速データ通信が可能な「深夜割プラン」と組み合わせることができます。

もちろん、音声通話なしのデータ通信のみでも利用することができます。

気になるのが、携帯キャリアで購入するとのどれくらい料金が違うのかです。そこで、ドコモで購入した場合とnuroモバイルで購入した場合の毎月の最低料金を比較してみました。

スポンサーリンク

ドコモとnuroモバイルで料金比較

ドコモ版の端末料金は、

  • 一括払い:9万3,960円(税込)
  • 分割払い(24回払い):総額3万9,528円(月額1,647円×24回)

ドコモの場合、機種代金から毎月の通信料の割引(月々サポート:-2,268円×24回=-5万4,432円)があり、実質負担額は、3万9,528円となります。

端末代金(税込) ドコモ nuroモバイル
一括払い 93,960円 10万7,784円
分割払い 月額1,647円×24回=3万9,528円 2,994円×36回=10万7,784円

ドコモの方が端末料金が安くなってます。

音声通話の最安料金で比較してます。

ドコモの場合、機種変更で、サイト内のお支払シミュレーションで計算してます。

月々の支払額(税込) 1~2年目 3年目以降
カケホーダイライトプラン 1,700円 1,700円
データSパック(2GB) 3,500円 3,500円
spモード 300円 300円
端末代金(24回払い) 3,915円 0円
月々サポート -2,268円 0円
合計 7,587円 5,500円

機種変更前の端末を下取りして割り引いてくれる「下取りプログラム」や、利用年数に応じてパケットパックが安くなる「ずっとドコモ割」などの各種割引キャンペーンを利用すればもう少し安くなります。

次に、nuroモバイルの場合です。こちらもサイト内の料金シミュレーションで計算してます。

毎月の支払額(税別) 1年目 2~3年目 4年目以降
契約プラン(音声通話付き) 700円 700円 700円
容量・時間(2GB) 700円 700円 700円
音声通話プラン割引 -1,105円 -105円 0円
端末代金(36回払い) 2,685円 2,685円 0円
合計(月額) 2,980円 3,980円 1,400円

nuroモバイルの場合、音声通話付きだと、1年目に1,105円の割引、2、3年目に105円の割引があります。

3年間で約10万円も節約できる

端末代金が、ドコモは24回払い、nuroモバイルは36回払いと異なっており、各種手数料・各種割引など細々したものがあるので、3年間同じ端末を利用すると仮定して、音声通話付きの料金プランを単純に比較するとこんな感じです。

料金(税込) ドコモ nuroモバイル
1年目 7,587円×12か月=9万1,044円 3,218円×12か月=3万8,616円
2年目 7,587円×12か月=9万万1,044円 4,298円×12か月=5万1,576円
3年目 5,500円×12か月=6万6,000円 4,298円×12か月=5万1,576円
3年間の合計額 24万8,088円 14万1,768円

ドコモだと24万8,088円ですが、nuroモバイルだと14万1,768円です。同じXperiaを使うにしても、携帯キャリアと格安SIMでは、3年間で10万6,320円も違うことになります。端末料金を支払い終わった4年目以降だと、さらに料金差は広がります。

もちろん、ドコモには、定額料金で通話し放題やデータ通信速度が速い、サポートが手厚いなどのメリットがあります。この点と3年間で約10万円の節約ができる点を比較して、どっちをとるかだと思います。

月額料金・端末料金などの詳細は、nuroモバイルの公式サイトでご確認ください。

Xperiaのカバーケース・保護フィルムなどを購入するなら、ソニーモバイル公認の通販サイト「Xperiaカバーストア」がおすすめ。国内スマホカバーメーカー(Made for Xperia公認パートナー)のアイテムが2,000以上あり、Amazonよりも探しやすいオンラインショップです。

おすすめ記事

広島東洋カープ2017年優勝パレード 1
「カープ優勝パレード2017」テレビ放送・インターネット動画配信まとめ
6,463 VIEW

2017年9月18日甲子園球場で、広島東洋カープは37年ぶりのリーグ連覇を達成しました。 今年はクライマックスシリーズ ファイナルステージで横浜DeNAベイスターズに敗れ、日本シリーズ進出を逃し悔しい ...

広島東洋カープ公認「中国新聞 胴上げTシャツ 2017 FLYING CARP V8」 2
広島カープ×中国新聞「胴上げTシャツ2017 FLYING CARP V8」予約販売開始
3,022 VIEW

広島東洋カープが、2年連続8度目のセ・リーグ優勝を達成。 優勝翌日には、カープ球団が販売する優勝記念グッズを買い求める人がマツダスタジアムなどのグッズ取扱店に長蛇の列を作りました。 カープファンとして ...

広島東洋カープ2017年セントラル・リーグ優勝記念図書カード(特製台紙付き) 3
広島カープ「2017年優勝記念図書カード(特製台紙付き)」は、フタバ図書限定販売
2,576 VIEW

日本出版販売株式会社は、「広島東洋カープ2017年セントラル・リーグ優勝記念図書カード」を販売することを発表しました。 特製台紙付きの図書カードで完全受注生産品となっているので、欲しい人は受付終了日ま ...

-スマホ, 格安SIM
-, ,

Copyright© Shigurexs.com , 2017 All Rights Reserved.