カープ

カープ「マツダスタジアム2018年入場券」一般販売まとめ。今年もチケット争奪戦が過熱で、即完売確実!

更新日:

マツダスタジアム

広島東洋カープ球団史上初のリーグ3連覇、34年ぶり悲願の日本一を目指す2018年シーズン。マツダスタジアムで開催される公式戦の前売り入場券の一般販売が3月1日(木)から始まります。

ここ数年のカープ人気の過熱、リーグ3連覇への期待、地元出身の中村奨成の入団もあり、今シーズンもチケットの入手がしづらい状況が続くのは確実です。

昨年は一般販売開始数日で全試合の指定席が完売したので、球場での試合観戦を考えている人は、数か月後の試合日でも販売開始初日に購入しておかないと売り切れるので注意してください。

2018年度ファン倶楽部「最高のコイの見つけ方。」会員限定の2018年マツダスタジアム公式戦入場券先行販売については、参考記事をご覧ください。

参考記事:カープファンクラブ限定。2018年公式戦入場券の先行販売をセブンチケット(先着)、ローチケ(抽選)で実施!

2018年度からより多くのファンの観戦機会の拡大のため、窓口販売での購入制限を設定、対象試合に限りビジターパフォーマンス席を分割して開放するなどの変更点が実施されます。

スポンサーリンク

広島東洋カープ2018年公式戦の試合日程

広島東洋カープ主催の2018年のレギュラーシーズンの試合日程です。

広島東洋カープ主催で72試合(予備日を含まず)が組まれ、マツダスタジアムで70試合、地方球場(呉市二河球場、三次きんさいスタジアム)で2試合が開催予定となってます。

曜日 試合開始時間 対戦相手
3月(2試合) 30日(金) 18時00分 中日ドラゴンズ
31日(土) 14時00分 中日ドラゴンズ
4月(10試合) 1日(日) 13時30分 中日ドラゴンズ
6日(金) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
7日(土) 14時00分 横浜DeNAベイスターズ
8日(日) 13時30分 横浜DeNAベイスターズ
17日(火)呉 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
18日(水) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
19日(木) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
28日(土) 13時30分 阪神タイガース
29日(日・昭和の日) 13時30分 阪神タイガース
30日(月・振替休日) 13時30分 阪神タイガース
5月(17試合) 1日(火) 18時00分 読売ジャイアンツ
2日(水) 18時00分 読売ジャイアンツ
3日(木・憲法記念日) 13時30分 読売ジャイアンツ
8日(火) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
9日(水) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
11日(金) 18時00分 阪神タイガース
12日(土) 14時00分 阪神タイガース
13日(日) 13時30分 阪神タイガース
18日(金) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
19日(土) 14時00分 東京ヤクルトスワローズ
20日(日) 13時30分 東京ヤクルトスワローズ
25日(金) 18時00分 中日ドラゴンズ
26日(土) 14時00分 中日ドラゴンズ
27日(日) 13時30分 中日ドラゴンズ
29日(火)三次 18時00分 埼玉西武ライオンズ
30日(水) 18時00分 埼玉西武ライオンズ
31日(木) 18時00分 埼玉西武ライオンズ
6月(9試合) 5日(火) 18時00分 北海道日本ハムファイターズ
6日(水) 18時00分 北海道日本ハムファイターズ
7日(木) 18時00分 北海道日本ハムファイターズ
8日(金) 18時00分 東北楽天ゴールデンイーグルス
9日(土) 14時00分 東北楽天ゴールデンイーグルス
10日(日) 13時30分 東北楽天ゴールデンイーグルス
26日(火) 18時00分 読売ジャイアンツ
27日(水) 18時00分 読売ジャイアンツ
28日(木) 18時00分 読売ジャイアンツ
7月(12試合) 3日(火) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
4日(水) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
5日(木) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
9日(月) 18時00分 阪神タイガース
10日(火) 18時00分 阪神タイガース
11日(水) 18時00分 阪神タイガース
20日(金) 18時00分 読売ジャイアンツ
21日(土) 18時00分 読売ジャイアンツ
22日(日) 18時00分 読売ジャイアンツ
27日(金) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
28日(土) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
29日(日) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
8月(12試合) 7日(火) 18時00分 中日ドラゴンズ
8日(水) 18時00分 中日ドラゴンズ
9日(木) 18時00分 中日ドラゴンズ
10日(金) 18時00分 読売ジャイアンツ
11日(土・山の日) 18時00分 読売ジャイアンツ
12日(日) 18時00分 読売ジャイアンツ
21日(火) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
22日(水) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
23日(木) 18時00分 東京ヤクルトスワローズ
24日(金) 18時00分 中日ドラゴンズ
25日(土) 18時00分 中日ドラゴンズ
26日(日) 18時00分 中日ドラゴンズ
9月(10試合) 4日(火) 18時00分 阪神タイガース
5日(水) 18時00分 阪神タイガース
6日(木) 18時00分 阪神タイガース
11日(火) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
12日(水) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
13日(木) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
15日(土) 13時30分 中日ドラゴンズ
22日(土) 13時30分 阪神タイガース
23日(日・秋分の日) 18時00分 横浜DeNAベイスターズ
24日(月・振替休日) 13時30分 横浜DeNAベイスターズ

7月、8月の夏休み期間を除いて、土日はデーゲームの試合日が多いので、広島県外からも日帰り観戦がしやすいです。

2018年の公式戦開幕日は、3月30日(金)で、中日ドラゴンズと本拠地マツダスタジアムで対戦します。今年は、球団史上初となるリーグ3連覇と34年ぶりの日本一を目指すシーズンであり、マツダスタジアム開場10年目の節目となる年でもあります。

セントラル・リーグで、3連覇を達成した球団は、巨人以外いないので、是非とも3連覇達成してほしいですね。本拠地胴上げとなると、1991年以来27年ぶり。2009年に新設されたマツダスタジアムでは初となります。

2016年、2017年の優勝決定日を振り返ると、

  • 2016年:9月10日(読売ジャイアンツ・東京ドーム)
  • 2017年:9月18日(阪神タイガース・甲子園)

9月10日での優勝決定は、2リーグ制以降、1990年の巨人に次ぎ2番目の早さでした。今年はカープの連覇阻止のため、各球団のマークがより厳しくなるので、独走は難しく優勝するにしても今年は9月中旬以降まで、もつれそうな気がします。

3連覇達成、今年こそ本拠地胴上げを期待して、9月22日の阪神戦を狙ってます。

3月に全試合の入場券を一斉売り出しするので、仕事の都合などで数か月後の試合日のチケットは購入しづらいと思いますが、昨年度は、一般販売開始数日で全試合の指定席が売り切れ、内野自由席ですら7月上旬の時点で全試合完売したので注意してください。

3連覇への期待、地元期待の高卒ルーキー中村奨成の入団もあり、今年もチケット争奪戦は確実なので、一般販売開始日に購入しておかないと今年もチケット取れなかったから球場へ観戦できないってことになりますよ。絶対にこの日に行くと決めて仕事や学校、プライベートのスケジュールを調整しましょう。

スポンサーリンク

マツダスタジアムの席種・席数・料金

一般席とグループ席の座席の種類、座席数、料金をまとめてます。車いす席やパーティー席は、球団サイトで確認してください。

一般席

一般席の席種 席数 料金(税込)
正面砂かぶり席(1塁寄り・3塁寄り) 約160席 8,000円
セブンイレブン シート寝ソベリア(1クッション2名まで) 全39クッション 7,000円
KIRIN シート内野砂かぶり(1塁側・3塁側) 約340席 6,000円
SS指定席(1塁寄り・3塁寄り) 約600席 4,700円
S指定席(1塁側・3塁側) 約700席 4,100円
外野砂かぶり席 約160席 4,000円
内野指定席A(1塁側・3塁側) 約6,000席 3,600円
内野自由席B(3塁側) 約330席 3,000円
スカイシート(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 約980席 3,000円
外野指定席(ライト・レフト) 約3900席 2,100円
カープパフォーマンスA 約200席 2,000円
カープパフォーマンスB 約1,100席 1,900円
ビジターパフォーマンス 約1,660席 1,900円
3塁側パフォーマンス席 約1,050席 1,900円
内野自由席 大人(高校生以上) 約6,500席 1,700円
内野自由席 子ども(小・中学生) 800円

SS指定席・S指定席・カープパフォーマンスAは、年間指定席として完売しています。

3塁側パフォーマンス席は、横浜DeNAベイスターズ・中日ドラゴンズ・東京ヤクルトスワローズ戦に限り販売となり、ビジターファン・カープファン双方が応援できる席です。

グループ席

グループ席の席種 エリア数 料金(税込)
キリン 生茶シート鯉座敷(8名まで) 9エリア 3万6,000円
プレミアムテラス(8名まで) 25エリア 3万6,000円
コカ・コーラテラスシート 7人掛け(1塁側・3塁側) 22エリア 3万1,500円
コージーテラス(8名まで) 24エリア 2万8,000円
コカ・コーラテラス 6人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 26エリア 2万7,000円
コカ・コーラテラス 5人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 26エリア 2万2,500円
ゲートブリッジ(6名まで) 10エリア 2万1,000円

グループ席では、オプションで料理やおつまみをセットにすることができます。

スポンサーリンク

2018年公式戦のチケット販売の注目点

カープ対DeNA

ここ数年のカープ人気の過熱で、チケットが確保しづらくなっており、インターネット上などでは高額で転売されるケースが相次いでいます。そのため、より多くのファンの観戦機会の拡大、悪質な転売対策を目的に、2018年度シーズンから窓口販売での購入制限、ビジターパフォーマンス席の分割などを実施することを発表しています。

年間指定席継続率99.9%で、4年連続完売

年間指定席(約8,300席)は、既存の年間指定席購入者への優先販売で完売となったため、今年も新規販売は行われませんでした。

SS指定席・S指定席・カープパフォーマンスAが年間指定席で埋まったため、これらの席は一般販売で購入することができません。

年間指定席は、1番高額のバックネット裏ロイヤルボックスで36万7,500円で、安い席でも9万8,700円しますが、昨年の購入者の99.9%が継続購入をしています。

大リーグから黒田博樹が復帰した2014年オフに初めて完売して以来、4年連続で完売となっています。購入者の6~7割が広島を中心とした企業で、福利厚生の一環や販促ツールとして購入されているようです。

マツダスタジアム窓口、ベースボールギャラリー窓口で購入制限(1人5試合まで)を実施

去年の一般販売初日に、窓口で1時間以上かけて数百万円分のチケットを購入している人の話題がTwitterで注目されました。

これまでマツダスタジアム窓口では、購入枚数や試合数に制限がなく、好きなだけ購入することができました。しかし、2018年度シーズンから1度の購入で1人5試合までに制限されます。

マツダスタジアムが開場してから10年目ですが、前売り入場券に購入制限が設けられるのは今年が初めてとなります。

ただし、1度の購入で5試合までの制限ですが、枚数制限はしないとのこと。

対象試合に限りビジター席を削減し、「3塁側パフォーマンス席」を新たに設定

対象試合に限り、従来のビジターパフォーマンス席を「ビジターパフォーマンス席」と「3塁側パフォーマンス席」に分割します。

対象となるのが、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズの試合日です。阪神タイガースや読売ジャイアンツ戦は対象外となってます。

「3塁側パフォーマンス席」では、カープユニフォームの着用、応援グッズの使用が認められています。これにより、約1,000席がカープファン向けに新たに売り出される予定です。

参考リンク:カープがビジター席を削減。約1,000席をカープファンに開放。コンコース立ち見減少なるか?!

インスタ映えを意識したパーティー席を新設

今年から大勢でパーティーをしながら観戦が可能な団体個室を3か所増設されました。インスタグラム、ツイッターなどのSNSを意識したパーティー席となっています。

  • アウトドアデッキ(1塁側・3塁側の2か所)

2階席の1塁側と3塁側に「アウトドアデッキ」を新設。

見晴らしの良い2階席で友達・同僚などと食事やおしゃべりをしながら観戦できる場所で、「タジン鍋パエリア」や「コッコリー(ピザ生地を丸めて揚げた料理)」などの料理を味わうことができます。

  • オブジェデッキ(1か所)

コンコース1塁側かば広場の上にウッドデッキ調のエリア、芝生エリアを新設。

試合が観戦しにくいエリアですが、オブジェデッキでしか見ることができない「サングラスをかけた12体の赤い動物のオブジェ」が特徴で、パンケーキや魚介のフリットなどのオランダ料理を味わうことができます。

今後もインスタなどのSNS映えを意識した球場造りを目指すそうです。

チケットキャンプ閉鎖で高額転売問題はどうなる?

会員数300万人以上の国内最大のチケット売買サイト「チケットキャンプ」が、2017年12月に突如サービス停止を発表し、2018年5月末でサービスを完全終了することになりました。

高額転売の温床ともなっており、カープのチケットも軒並み定価の数倍の料金で取引されるケースが相次いでいました。高額転売にムカついていたファンも多かったと思います。

ジャニーズなどの商標権を侵害したため、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査を受けたことをきっかけに、大量出品する転売業者に手数料を優遇していたなど、ダフ屋行為を助長する行為を自ら行っていたこと実態も明らかになりました。

東京オリンピックを控え、チケット仲介サイトを規制する方向になっていますが、インターネット上のチケット売買をすべて取り締まることは難しいのが現状です。

チケット最大手のチケットキャンプが閉鎖したことで、チケット買い占め、高額転売が少なくなるのか注目しています。

スポンサーリンク

2018年レギュラーシーズン「一般販売」購入方法まとめ

2018年度シーズンの公式戦の前売り入場券は、3月1日(木)に全試合日を一斉に売り出します。今年も、リーグ3連覇への期待、地元出身の中村奨成の入団もあり、カープ人気はますます過熱気味なので、今年も販売開始数日で全試合日の指定席は完売になることは確実だと予想されます。なので、球場で観戦したいなら、必ず販売開始初日になんとしても購入しておきましょう。

カープの前売り入場券を購入する方法は、以下の3つです。

  • 窓口・店頭販売(マツダスタジアム、カープベースボールギャラリー、各コンビニなど)
  • インターネット販売(カープ公式サイト、各プレイガイドのサイト)
  • その他の販売(電話・Fax購入など)

販売方法によって、販売開始日、取り扱っている席種、手数料などが異なっているので、注意してください。

3月1日(木)10時00分販売開始

3月1日(木)10時00分より、マツダスタジアム窓口、カープベースボールギャラリー窓口、各コンビニ店頭、プレイガイド(インターネット)で発売開始です。

一般販売を前に、年間指定席購入者・ファン倶楽部会員への先行販売がありました。人気の対戦カード・席種によっては、完売・残りわずかの試合日も出ている可能性が高いです。

マツダスタジアム窓口(正面1塁側・正面3塁側・レフト側・センター側・コンコース入場券売場)

  • 販売席種:全席種(一般席・グループ席・観戦セット・コミュニティーチケット・車いす席・駐車券)

3月1日、2日の窓口販売では、今年から1度の購入で1人5試合までの購入制限が設けられてます。ただし、枚数制限はありません。 

公式戦の空席情報は、カープ公式サイトで2月下旬に公開される予定です。

マツダスタジアム窓口では、全席種のチケットを購入できるため、プレイガイドで購入するよりも前よりの席が取れることもあり、熱心なカープファンの多くが数日前から並んでいます。

カープチケット一般販売

↑去年の様子です。列の先頭付近の人は、数週間~数日前からテント泊で並んでいるので、参戦するには覚悟が必要ですね。

2017年の場合、前日の2月28日に「入場券販売整理券」を先着順に配布しました。集合時間・場所などの記載があり、3月1日集合用、3月2日集合用の整理券を持ってないと窓口で購入できませんでした。

配布枚数の上限に達した時点で配布終了となり、去年は約2,000枚の整理券が配布され、午前中で制限枚数の上限に達したとの発表がありました。おそらく、今年も整理券を配布する可能性が高いと思われます。

カープのチケット購入

↑2月18日18時頃のチケット購入希望者の行列の様子です。

マツダスタジアム正面には、すでに200mぐらい、テントを設営したり、ビニールシートをガムテープで固定して場所取りがされています。しかし、ちゃんと行列に並んでいる人やテント泊している人は、ほとんどいません。場所取りだけして、実際に行列で待機するのは、販売日近くになってから。

こういった実態を球団側もわかっているはず。前日から並ぶ普通のファンは納得いかないですよね。一応、販売日近くになったら、定期巡回して人がいない場合は撤去するとアナウンスがあると思いますが、こういった状況を黙認しているのはどうなんでしょう?

カープベースボールギャラリー窓口(中区八丁堀)

  • 販売席種:一般席・グループ席・観戦チケット・車いす席

市内電車の八丁堀電停で下車して徒歩5分の所にあり、カープの歴史や記録、選手の写真などが展示してあるギャラリーとオリジナルグッズを販売しているグッズショップが併設しています。

カープベースボールギャラリーもマツダスタジアム窓口同様に3月1日、2日の窓口販売は、1度の購入で1人5試合までの購入制限があります。

こちらも去年と同様に整理券の配布がある可能性が高いと思われます。普段は窓口の発券機は1台だけですが、臨時に数台を増やすはずです。

カープベースボールギャラリーにも場所取りの列ができてます。街中ということもあり、少ないですが。

スポンサーリンク

コンビニ(セブンイレブン、ローソン・ミニストップ、ファミリーマート、サークルK・サンクス、)店頭・チケットぴあ店舗で購入

店名 セブンイレブン ローソン・ミニストップ ファミリーマート サークルK・サンクス チケットぴあ
セブンチケット チケットぴあ
購入方法 マルチコピー機 マルチコピー機 Loppi Famiポート kステーション 店舗
座席指定 × × × × ×
発券手数料 なし 108円/1枚 なし 108円/1枚 108円/1枚 108円/1枚
購入可能枚数 20枚 12枚 15枚 15枚 12枚 12枚

各コンビニ(セブンイレブン、ローソン・ミニストップ、ファミリーマート、サークルK・サンクス)店頭の端末を操作して、チケットを申し込んで、レジでお金を払ってチケットを購入します。

コンビニによって、取り扱っている席種、座席指定の有無、発券手数料の有無、購入可能枚数に違いがあるので注意してください。寝ソベリアや砂かぶり席など席は、セブンイレブンしか取り扱ってません。

インターネットよりもコンビニの端末のほうが繋がりやすいということもあり、販売開始前に待機している人がいる可能性が高いです。特に広島県内のコンビニだと。

コンビニに並ぶ際に注意したいのが、前の人がどういう人か事前に判断することです。良い人だと順番で交代してくれますが、長時間独占(自分が欲しい試合日まで粘る)する自分勝手な奴だと最悪です。

当日は、アクセス殺到でサーバーエラーになることが予想されますが、あきらめず何度もトライしましょう。端末の操作は、慣れてないと手間取るので、事前のチェックも大事です。また、販売開始時間と同時に申込ページにアクセスできるように、あらかじめ画面を進めておくのも小技の一つです。

プレイガイド(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)のホームページで購入

インターネットで申し込む場合、各プレイガイドのサイトでパソコン、スマホ・タブレットなどから購入できます。

セブンチケット ローソンチケット チケットぴあ e+(イープラス)
座席指定 ×
システム利用料 無料 216円/1枚 216円/1枚 216円/1枚
発券手数料 無料 108円/1枚 108円/1枚 108円/1枚
購入可能枚数 20枚 6枚 12枚 15枚
発券方法 セブンイレブン ローソン セブンイレブン、サークルK・サンクス
ぴあ店舗、宅配(617円/1件)
セブンイレブン、ファミリーマート
宅配(648円/1件)

どのプレイガイドも販売開始時間と同時にアクセスが殺到するので、アクセスが繋がりにくい・サーバーエラーになりますが、あきらめずに何度もトライしましょう。

プレイガイドによって、取り扱っている席種、手数料の有無、購入可能枚数が異なるので注意してください。セブンチケットがシステム利用料・発券手数料ともに無料となってます。

個人的な感覚では、セブンチケットが取り扱い枚数が一番多い印象を受けます。

プレイガイドごとに販売枚数は異なるので、このプレイガイドは完売したけど、他のプレイガイドはまだ残っている場合もあるので、当日は、ツイッターなどのつぶやきを参考にしながら参戦しましょう。

 

電話(ローソンチケット、チケットぴあ)で購入

ローソンチケット チケットぴあ
一般販売初日に特電
座席指定 〇(3月1日は不可) ×
システム利用料
発券手数料
引取方法

電話でも購入できますが、販売初日はまず繋がらないので、繋がったラッキー的な感覚で他の手段とともに挑みましょう。

JR西日本みどりの窓口

JR西日本「みどりの窓口」
販売箇所 中国地方・京阪神・福岡県のJR西日本の主な駅の「みどりの窓口」

中国地方、京阪神、福岡県のJR西日本の主な駅の「みどりの窓口」でも購入することができます。内野指定席A、外野指定席ライトしか取り扱っておらず、穴場ですが、最近はJRの窓口でも購入できることを知っている人も増えてます。

3月2日(金)10時00分販売開始

3月2日10時より、カープ球団公式サイト(インターネット購入)、Fax申込、中国新聞販売所などで販売します。

  • 広島東洋カープ公式(インターネット購入、FAX購入)、中国新聞販売所

ただし、3月2日発売開始の場所は、年間指定席、ファン倶楽部先行発売、1日の発売後の残席を売り出すので、巨人や阪神戦、お盆期間中など人気の試合日・席種によっては、すでに売り切れている可能性が高いので注意してください。

チケットを確保したいなら、絶対に3月1日の販売開始時間と同時に窓口・インターネットで購入するべきで、3月2日は残ってたら、ラッキー的な感じであまり期待しないほうが良いです。

カープ観戦旅行なら、広島インテリジェントホテルの入場券付きの宿泊パックがおすすめ

年間指定席購入者で、SS指定席・S指定席・カープパフォーマンスAは完売しているため、ツテがないとSS指定席などのバックネット裏で観戦することは難しいです。

しかし、広島インテリジェントホテル本館では、宿泊と入場券をセットにした観戦プランを毎年販売しているので、広島県外に住んでいるカープファンにおすすめです。

ホテル公式サイトによると、年間指定席で16席(内野SS席12席、フィールドボックス席4席)を確保し、別にゴールデンウイークや夏休みなどの人気の試合日、スポンサードゲームの試合日も追加で確保するようです。

マツダスタジアム徒歩2分と観戦に便利な立地にあり、このホテルの観戦プランに申し込めば、一般販売では入手できない席で観戦できるのがウリです。

ただし、このホテルの先行販売は、昨シーズン中までに会員登録したメンバー限定となってます。観戦チケット付き宿泊プランは、3月中旬頃からメンバー会員限定で先行販売するみたいです。詳細は、ホテル公式サイトで確認してください。

まとめ

2018年度公式戦の入場券の一般販売が、3月1日10時より始まります。今シーズンは球団史上初のリーグ3連覇への期待、久しぶりの地元出身高卒ルーキー中村奨成の入団もあり、開幕前から盛り上がっており、例年以上に購入希望者が殺到しそうです。

また、2018年度のファン倶楽部会員「最高のコイの見つけ方。」は、3万5,000人と昨シーズンから5,000人増員しているため、先行販売で去年より売れて、今年はさらに販売数が少ないはず。。

各プレイガイドのインターネット購入、各コンビニ店頭端末でもアクセスが殺到して大激戦は不可避です。当日はツイッターなどのつぶやきを参考にしながら、繋がらなくても諦めずに何度もトライして確保しましょう。

今シーズンもチケットの入手しづらい状況が続くのは確実で、一般販売開始数日で全試合日の指定席は完売することが予想されます。

なお、チケット一般販売の詳細については、必ず広島東洋カープ公式サイトで確認してください。

参考記事:カープファンクラブ限定。2018年公式戦入場券の先行販売をセブンチケット(先着)、ローチケ(抽選)で実施!

 

おすすめ記事

マツダスタジアム 1
カープ「マツダスタジアム2018年入場券」一般販売まとめ。今年もチケット争奪戦が過熱で、即完売確実!
14,479 VIEW

広島東洋カープ球団史上初のリーグ3連覇、34年ぶり悲願の日本一を目指す2018年シーズン。マツダスタジアムで開催される公式戦の前売り入場券の一般販売が3月1日(木)から始まります。 ここ数年のカープ人 ...

マツダスタジアム 2
カープの公式戦チケットを各プレイガイドが一般販売を前に先行販売を実施!
1,221 VIEW

広島東洋カープ主催試合2018年マツダスタジアム公式戦の入場券の一般販売に先駆けて、各プレイガイドでチケットの先行販売が実施されます。 2018年ファン倶楽部「最高のコイの見つけ方。」会員向けのセブン ...

DAZN(ダ・ゾーン) 3
「DAZN」プロ野球11球団(巨人以外)の試合中継をインターネット配信開始!
377 VIEW

スポーツ系の定額制動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が、2018年2月16日に、2018年追加放送予定のスポーツコンテンツを発表しました。 プレスリリースによると、新しいコンテンツとしてプロ野 ...

-カープ
-, , ,

Copyright© Shigurexs.com , 2018 All Rights Reserved.