セール・キャンペーン情報

電子マネー・スマホ決済

今度は「LINE Pay祭り」20%還元。「ゾゾタウン」「honto」などのオンライン決済、請求書支払いでも利用可能!、

ソフトバンク・ヤフー系のスマホ決済「PayPay」の衝撃的な大盤振る舞い「100億円あげちゃう」キャンペーンが開始から10日で100億円の上限に達し早期終了。還元率20%と全額還元とインパクト大だったので、大きな反響をよびました。今度は、「LINE Pay」が還元率20%の「Payトク」キャンペーンを発表しました。

「LINE Pay」支払い金額の20%還元。

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で提供するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で、期間中に対象店舗でLINE Payで買い物をすると、支払い金額の20%(最大5,000円相当)を還元する「Payトク」キャンペーンを開始することを発表しました。期間は12月14日(金)00時00分から12月31日(月)23時59分まで。

キャンペーン名:Payトク LINE Pay残高20%バック
期間:2018年12月14日(金)00時00分~2018年12月31日(月)23時59分
還元率:20%還元
還元額の上限:5,000円相当
付与時期:2019年2月中

期間中に対象店舗・サービスにて、LINE Payの「コードでのお支払い」「オンラインでのお支払い」「請求書支払い」のいずれかで支払うと、利用金額の20%(合計5,000円相当)が還元されます。

今回のLINE Pay「Payトク」キャンペーンは、PayPayの「100億円あげちゃう」キャンペーンと比較すると、同じ20%還元でも「還元額の上限が5,000円相当と低い」「全額還元なし」の違いがあります。PayPayが大盤振る舞いすぎて、しょぼい感じがするのは僕だけでしょうか。

しかし、還元総額による早期終了はなく、「12月31日までの期間中いつでも対象店舗・サービスで20%還元」は、ありがたいですね。

コード(QR/バーコード)でのお支払い対象店舗は、コンビニ「ローソン」「ファミリーマート」、家電量販店「ジョーシン」、カラオケ「ジャンカラ」「ビッグエコー」、飲食店「白木屋」「和民」など。

オンラインでのお支払い可能なサイトは、「ゾゾタウン」「honto」など。請求書支払いは、「東京電力エナジーパートナー」「九州電力」となっています。

LINE Pay利用可能なすべての店舗・サービスがキャンペーン対象じゃないので注意してください。「ツルハドラッグ」「ウォンツ」「ココカラファイン」などのドラッグストアは対象外の店舗です。また、お酒・タバコなどの一部商品、役所などの施設は対象外です。

また、LINE PayカードまたはLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay(QUICPay)での支払いでは適用されない点に注意。

キャンペーン参加には事前の申し込みは不要。事前の申込や参加登録は必要なく、買い物するときに、LINE Payで支払うだけです。現金払い・クレジットカード決済から、LINE Payに切り替えるだけで、20%還元とかなりお得です。

マイカラーのポイント還元(0.5~2%)と、「コード支払いで+3%キャンペーン」もあわせて利用可能なので、マイカラーが最高ランク緑の人は、25%還元となります。

スマホ決済の普及に向けて、各社のシェア争いが激しさを増しています。還元率の高いキャンペーンが軒並み開催されいるので、現金払いにこだわっているのは損です。PayPayの大盤振る舞いの後だと、若干しょぼい感じは否めませんが、PayPayで利用できない店舗で20%還元を受けれるので、うまく活用したいですね。

注目記事

-電子マネー・スマホ決済
-,

Copyright© Shigurexs.com , 2019 All Rights Reserved.