広島

呉線(海田市~坂)は、8月2日に運転再開。山陽線(海田市~瀬野)は、8月18日。その他の区間も復旧時期が早まる見通し!!

更新日:

7月31日時点の情報です。

西日本各地を襲った平成30年7月豪雨により、広島県内のJR在来線の施設・線路も甚大な被害をうけ、長期間にわたって運転見合わせ区間が出るなど、通勤・通学に深刻な影響が出ています。

JR西日本は、7月11日発表のニュースリリースで、山陽本線・呉線・芸備線の被害の大きい区間で、運転見合わせが長期間におよぶ見通しであることを発表しました。

7月18日発表のニュースリリースで、最新の進捗状況と再開見込みのおおよその日程を明らかにしています。

7月31日発表のニュースリリースで、運転再開予定日や部分運転の見込みを発表しました。

JR西日本の懸命な復旧作業により、運転再開見込みが繰り上げられています。

JR西日本が「山陽線・呉線・芸備線・福塩線」の復旧時期の見通しを公表。運転再開見込みが当初よりも早くなることが判明

7月31日現在も広島県の在来線は、以下の区間で運転見合わせのままです。

  • 山陽線:三原駅~海田市駅まで運転見合わせ
  • 呉線:三原駅~海田市駅まで運転見合わせ
  • 芸備線:備後落合駅~広島駅まで運転見合わせ
  • 福塩線:府中駅~塩町駅まで運転見合わせ

以下の区間では、運転再開しています。

  • 山陽線:笠岡駅(岡山県)~三原駅、海田市駅~広島駅~岩国駅間、徳山駅~下関駅間
  • 可部線:広島駅~あき亀山駅間

現在、不通区間の広島駅~呉駅間では、代行バス・フェリーの運行が開始されています。また、在来線の不通にともなう特例措置として、三原駅~広島駅および新岩国駅~徳山駅において、新幹線による代替輸送が実施されています。

中国エリア 運行情報:JR西日本列車運行情報

運行が再開している区間でも、通常よりも列車の本数が減っている点に注意が必要です。代替手段の利用法、時刻表などはJR西日本のサイトで確認してください。

7月6日までに購入した定期券・回数券の利用者が対象などの条件があります。

呉線(海田市~坂)は8月2日。山陽線(海田市~瀬野)は、8月18日に運転再開を発表。その他の区間も再開時期が早まる見通し

出典:2018年7月定例社長会見 :「平成30年7月豪雨」に伴う長期間の運転見合わせ、最近の営業・輸送概況、大阪北部地震を受けての対策、京阪神エリアの斜面防災対策、福知山線列車事故現場の整備:JR西日本

7月18日に、JR西日本は、現在も不通区間の路線の復旧見通しを明らかにしました。上記の図は、7月18日時点での運転再開の見通しで、7月31日に改めて、運転再開見込みを発表しています。

山陽線、呉線、芸備線、福塩線の各区間における運転再開の時期は以下の通りです。

7月31日現在の状況です。

各線区の運転再開見込み

  • 山陽線(海田市駅~瀬野駅):8月中旬に再開予定→8月18日(土)に再開
  • 山陽線(瀬野駅~白市駅):10月中に再開予定→9月中に再開予定
  • 山陽線(白市駅~三原駅):11月中に再開予定→10月中に再開予定
  • 呉線(海田市駅~坂駅):8月上旬に再開予定→8月2日(木)に再開
  • 呉線(坂駅~広駅):11月中に再開予定→9月中に再開予定
  • 呉線(広駅~三原駅):2019年1月中に再開予定→そのまま
  • 芸備線(下深川駅~狩留家駅):9月中に再開予定→8月25日(土)に再開
  • 芸備線(狩留家駅~三次駅):少なくとも1年以上→そのまま
  • 芸備線(三次駅~備後落合駅):少なくとも1年以上→2019年1月~3月に再開予定
  • 福塩線(塩町駅~府中駅):少なくとも1年以上→2019年1月~3月に再開予定

JR西日本のウェブサイトのニュースリリースによると、山陽線(海田市駅~瀬野駅)、呉線(海田市駅~坂駅)、芸備線(下深川駅~狩留家駅)の運転再開予定日が決定しました。

また、復旧工事の進捗により、山陽線(瀬野駅~白市駅、白市駅~三原駅)、呉線(坂駅~広駅)、芸備線(備後落合駅~三次駅)、福塩線(塩町駅~府中駅)の運転再開見込みの時期が繰り上げられました。

当初の運転再開見込みよりも予定が早まっているのはありがたいですね。再開予定日がわかるのは、気持ちが楽になります。

また、呉線、山陽線で暫定的に部分運転を実施する予定であることも併せて発表されました。

部分運転、バス代行を実施

  • 山陽線(八本松駅~白市駅):8月21日(火)より部分運転を実施予定
  • 山陽線(白市駅~三原駅):8月21日(火)より代行バスが運行予定
  • 呉線(呉駅~広駅):8月20日(月)より部分運転を実施予定
  • 呉線(広駅~三原駅):8月11日(土)より代行バスが運行予定
  • 福塩線(府中駅~上下駅):8月6日(月)ほり代行バスが運行予定

朝夕の時間帯を通勤通学の時間帯を中心に、終日運転を行う予定ですが、検査のため、昼間の時間帯に運転を行わない日もあるとのこと。

具体的な運転時刻は後日発表があるようです。

不通区間の三原~海田市間は、1日約5万人が利用しており、JR西日本も最優先で復旧しているのですが、広範囲にわたって被災しているため、復旧には時間が必要です。

7月8日の瀬野駅

7月8日15時ぐらいの瀬野駅の様子です。駅構内まで土砂が流入して堆積して、線路が完全に埋まった状態でした。

安芸中野駅から先の区間(岡山方面)で、大規模な土砂流入や流木で線路が埋まったり、盛り土の流出、電気設備の水没などが発生しており、山陽線だけでも63箇所も被害を受けているようです。

7月8日の瀬野駅

瀬野駅の少し先の踏切の様子です。近くの川が氾濫し、土砂が流入し線路が完全に埋まっています。7月8日15時の時点で、まだ水が引いてませんでした。現在は、水が引いてますが、土砂が堆積したままです。

瀬野駅も8月中旬の運転再開に向けて、JR関係者の人たちが懸命に復旧作業をしています。

山陽線と並行する国道2号線の道路も複数の場所で、陥没・冠水の影響で通行止めと通勤・通学に影響が出ています。2号線の全線開通は21日ごろになる予定。

新幹線による代替輸送を実施ていますが、瀬野・中野東は、芸陽バスも終日運休、電車も利用できないので、自家用車以外に広島市内に行ける方法がなく不便な状態が続いています。

JRの不通区間(呉線、山陽線など)は、臨時バス・路線バスで広島市内へ移動可能

7月21日(土)に、国道2号線で、広島県内の通行止めがすべて解消され、15日ぶりに全線で通行できるようになりました。

国道2号線の復旧により、路線バスの運行再開も可能になりつつあります。

安芸中野・中野東・瀬野駅~広島市内への移動手段

西条周辺の人は、新幹線の東広島駅から新幹線で広島駅に向かうのが一番早いです。東広島駅~西条駅で連絡バスが運行しています。

海田市~瀬野駅間の復旧は、8月18日(土)です。電車が通っていないので、国道2号線の渋滞が酷いですが、あともう少しの辛抱です。特に、みどり坂に住んでいる人は、国道2号に出るまでが大変ですよね。

芸陽バスが7月23日(月)より臨時ダイヤで運行再開。

西条駅~広島バスセンターまで運行しますが、西条駅、八本松駅に停車するバスの便数が少ない点に注意。

主に、瀬野駅・中野東駅周辺の人向けのバスです。

広島方面は、始発便が、瀬野駅を05時59分発。最終便が、瀬野駅を17時16分発、中野東七丁目を20時55分発。

瀬野・中野東方面は、始発便が広島バスセンターを06時30分発。最終便が広島バスセンターを22時00分発。

国道2号線が通行止め、、JRが不通と、瀬野・中野東周辺の人は、自家用車以外は、広島市内へ行くことができませんでしたが、7月23日より芸陽バスが運転再開したので、バスで広島市内へ移動可能になりました。

これで、通勤・通学のため、海田市駅まで暑い中自転車をこいで向かわなくても良くなりました。通勤・通学の負担がいくらかは軽くなりますね。芸陽バスの瀬野川管内の臨時バスについては、芸陽バスのサイトで確認してください。

芸陽バス株式会社

呉駅~広島市内への移動手段

広駅~坂駅の復旧が9月中、広呉道路(クレアライン)の復旧も11月中と、広島と呉を結ぶ主要な交通網の普及には時間がかかります。

7月21日(土)より、呉線で代行バスが運行しています。8月2日より、海田市駅~坂駅間で運転が再開されることにより、代行バスも広島駅までだったのが坂駅までに変更されます。坂駅まで代行バスで坂駅から電車に乗り換えることになります。

また、8月1日をもって、呉線災害時緊急輸送船のフェリーは、運航を終了する点にも注意です。

8月2日以降の移動手段

  • 広駅、新広駅、安芸阿賀駅、呉駅~坂駅(呉駅~坂駅はノンストップ):8月19日(日)まで
  • 広駅~呉駅(各駅停車の代行バス)
  • 呉駅~坂駅(ノンストップ):8月19日(日)まで
  • 呉駅~坂駅(各駅停車の代行バス)

呉駅~広駅区間は、8月20日(月)より暫定的に部分運転を再開するため、呉駅~広駅間を運行する代行バスは、8月19日で終了予定です。

運行本数に限りがある点、周辺道路では渋滞が頻発しており、運行ダイヤが乱れることが多いため、時間に余裕をもって乗車してください。

バスの乗り降りの際に、JRの定期券・普通乗車券を提示します。ICカートのチャージ利用ができない点に注意。

また、広電バス・JRバスが、呉~広島駅・バスセンターで、クレアライン線(広島呉道路経由)の路線バスも運行しています。

代行バスの運行ダイヤのしょうさいについては、JR西日本のサイトで確認してください。

「平成30年7月豪雨」にともなう運転計画について:JR西日本

芸備線(備後落合駅~下深川駅)、福塩線の移動手段

備後落合駅~三次駅、三次駅~下深川駅で、7月23日(月)より代行バスを運行しています。

福塩線は、上下駅~三次駅で7月23日(月)よりバス代行を運行しています。

上記の復旧見通しは、7月31日時点での情報です。

JRの電車が不通のため、矢野・坂、安芸中野・中野東・瀬野周辺の人が、海田市駅まで自転車で通勤・通学している人が多く、海田市の駐輪場は自転車でいっぱいです。

海田市~坂、瀬野区間が、8月中に再開されるので、周辺の人はあと少しの辛抱です。

最新の運行状況、代替輸送の利用法、復旧見通しなどは、JR西日本のサイトで確認してください。

参考リンク:「平成30年7月豪雨」で被害を受けた線区の運転再開見込み(広島支社):JR西日本

おすすめ記事

1

7月31日時点の情報です。 西日本各地を襲った平成30年7月豪雨により、広島県内のJR在来線の施設・線路も甚大な被害をうけ、長期間にわたって運転見合わせ区間が出るなど、通勤・通学に深刻な影響が出ていま ...

sale 2

インターネット通販サイト「Amazon.co.jp」で、8月1日18時00分~8月3日23時59分までの54時間限定で「Amazon タイムセール祭り」を開催します。 今年5回目となるAmazonタイ ...

-広島
-,

Copyright© Shigurexs.com , 2018 All Rights Reserved.