IT・ガジェットニュース

Androidユーザーに朗報!アプリ購入・課金でポイントが貯まる「Google Play Points(最大2%還元)」9月18日より開始!

投稿日:

ポイントを喜び女性

Androidユーザーに朗報です。

Googleは、2018年9月18日(火)より、日本限定の新たなポイントプログラムとして「Google Play Points」を開始すると発表しました。

「Google Playストア」でのアプリやゲーム、映画、音楽、電子書籍などの支払いに対してポイントが付与されます。

「Play ストア」の新ポイントプログラム「Google Play Points」が、日本限定で9月18日よりスタート!

XperiaやGalaxyなどのAndroidスマートフォン・タブレットを利用しているユーザーに嬉しいお知らせです。

Googleが提供している「Play ストア」で、ポイント制度が導入されました。

有料アプリ・ゲームの購入、アプリ内アイテム課金などでポイントが貯まる!

「Google Play Points」は、有料アプリの購入やゲーム内アイテムへの課金、音楽・映画・電子書籍の購入など、Google Playストア上で行われるすべての決済でポイントを獲得できます。

  • 有料アプリやゲームの購入
  • アプリ・ゲーム内アイテムの購入
  • アプリ・ゲーム内の定期購入
  • Google Play ブックスでの購入
  • Google Play ムービーでの購入
  • Google Play Music

また、特定のアプリやゲームをインストールすることによってもポイントが獲得できます。随時開催されるキャンペーン毎によって、対象のアプリやゲームは入れ替わるようです。

100円ごとに1ポイント(還元率1%)を獲得でき、貯めたポイントは、アプリ・ゲーム内のアイテムに使用できたり、Google Play クレジット(映画レンタルや電子書籍の割引に使える)と交換する事もできます。

なお、ポイントを現金と交換することはできません。他の人にプレゼントすることも現時点では不可能です。また、「Google Play Points」は、Android(アンドロイド)端末でのみ利用可能とのこと。

現時点で、すべてのアプリ・ゲーム内のアイテムとポイント交換できるわけでなく、パートナーシップを締結しているデベロッパーのアプリ限定のようです。

「モンスターストライクのXFLAG」や「パズル&ドラゴンズのGungHo Online Entertainment」、「アズールレーンのYostar」、「白猫プロジェクト、魔法使いと黒猫のウィズのCOLOPL」「荒野行動のNetEase Games」、「ファイヤーエムブレム ヒーローズのNintendo」、「リネージュ2 レボリューションのNetmarble」、「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS、ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライトのSQUARE ENIX」、「逆転オセロニアのDeNA」、「チェインクロニクル3のSEGA」、「キャプテン翼のKLab」など様々なデベロッパーと提携しているようです。

売上ランキング上位の人気アプリのデベロッパーは、大部分が揃っている印象です。

ポイント交換で入手できるアイテムは,ガチャを回す際に消費するアイテムだけでなく,ゲームを優位に進めることができる武具やスタミナなども対象です。

また、これらのデベロッパーでは、特典やディスカウントが用意される予定なので、ソーシャルゲームの課金額が多いAndroidユーザーは見逃せません。

貯めたポイントの有効期限は、ポイントの獲得や交換を含めた最後の利用から1年です。 1年利用がなかったら、ポイントが失効するので、有効期限が切れる前にポイントを新たに獲得するか、使用する必要がある点に注意が必要です。

累積ポイントで、会員ステータスが決定。最高ランクでポイント還元率2%!

Google Play Points

引用元:Google Play Points

獲得ポイントに応じて、「ブロンズ」から「ダイヤモンド」まで5段階の会員ステータスがあり、会員ランクを上げることで、より高いポイント付与率と更なる特典を得ることができます。

会員ステータス ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
累積ポイント 249ポイント以下 250~999ポイント 1,000~3,999ポイント 4,000~14,999ポイント 15,000ポイント以上
100円ごとの付与率 1ポイント 1.25ポイント 1.5ポイント 1.75ポイント 2ポイント
300円分のアプリ内アイテム対象クレジット なし ×1 ×1 ×1 ×2
映画レンタル100円 なし ×1 ×2 ×4 ×5
500円分の電子書籍対象クレジット なし なし ×2 ×4 ×6

会員ランクは、翌年の年末まで維持されます。

獲得できるポイント数は、決済金額に会員ステータスのポイント付与率を掛け合わせることで算出されます。

  • 獲得ポイント=決済金額×会員ステータスのポイント付与率(1~2ポイント)

なお、ポイント付与の際に発生した小数点以下の数字に関しては、四捨五入されます。最も高い付与率が自動的に適用され、複数のキャンペーンの付与率が掛け合わせることはないようです。

例えば、シルバーステージの場合、100円につき1.25ポイントの付与率。決済金額が500円だと6ポイント(500円×1.25ポイント=6.25ポイント)貯まります。

決済時に獲得できるポイント数が表示されるので、上位ステータスを目指す際の参考になります。

「Google Play Points」の会員レベルと特典に関する情報は、Androidスマートフォン・タブレットの「Google Play ストア」 アプリから確認することができます。

  1. Android端末(スマホ・タブレット)で「Play ストア」アプリを開きます。
  2. メニュー(三本線のアイコン)→「Play Points」をタップします。
  3. その他アイコン→「レベルの特典」 をタップします。

「Google Play Points」プログラムは、現時点で、日本限定のポイントプログラムです。Googleアカウントがあれば、「Play ストア」のホーム画面から入会でき,9月18日より順次利用可能です。全ユーザーが利用できるまで数日かかるようなので、気長に待ちましょう。

Google Playアプリのメニューに「Play Points」の項目が表示されたら、利用可能になります。

ゲーム内のアイテム課金だけではなく、有料ゲームの購入、Google Playで提供される電子書籍や映画、音楽の購入も対象に含まれているので、貯めやすいんじゃないでしょうか。

個人的には、定額制の音楽聞き放題サービス「Google Play Music」、アプリ・ゲームの定期購入でもポイントが貯まるのが地味にありがたいですね。

利用は無料で、入会特典として、利用開始から最初の7日間限定で100 円につき 3 ポイントが付与されるポイントアップキャンペーンが開催中です。

なので、Androidユーザーでソーシャルゲームのアプリ課金をする場合、入会特典が適用されてからゲーム内アイテムの購入をしたほうが、お得です。

参考リンク:Google Japan Blog: Google Play Points プログラムのご紹介

おすすめ記事

マツダスタジアム 1

日本野球機構(NPB)は、「SMBC日本シリーズ2018」の開催要項を2018年10月11日に公式サイトで発表しました。 セントラル・リーグとパシフィック・リーグのクライマックスシリーズ優勝チームが、 ...

ONAIR 2

広島東洋カープは、マツダスタジアム開場10年目となる節目の年に、球団史上初となるリーグ3連覇を達成。27年ぶりの地元優勝・胴上げを決め、143試合82勝59敗2分貯金23で2018年公式戦を終えました ...

-IT・ガジェットニュース
-, ,

Copyright© Shigurexs.com , 2018 All Rights Reserved.