ニュース

免許合宿が13万円~。GoTo適用可で破格な料金に。安すぎて申し込み殺到中!

自動車の免許合宿にも、GoToトラベルキャンペーンが適用されるとあって、ネット上では反響が大きい。GoTo対象の合宿プランなら、AT車13万円~、MT車14万円~で、運転免許を取ることができる。さらに、滞在中に利用できる3万~4万円程度のクーポンも付与され、通常の半額となる。

「Go To トラベル キャンペーン」とは、新型コロナウィルス感染症により落ち込んだ国内観光需要を喚起するため、宿泊を伴う旅行および日帰り旅行代金の最大50%を国が補助する観光支援事業のこと。給付額の70%に当たる部分は旅行代金の割引を行い、残り30%に当たる部分は旅行先の登録加盟店で幅広く利用できる地域共通クーポンとして付与される。

参考リンク:旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト

宿泊の場合は、1人1泊あたり2万円が補助の上限。日帰り旅行については、1人1万円まで。連泊や利用回数の制限がないため、利用すればするだけおトクな制度であることは間違いない。実施期間は、2021年1月末までを予定しているが、補助金の予算(約1.1兆円)が上限に達した場合は、早期終了する場合もあり。

こんなに破格な料金で、免許収得できるチャンスは二度とこない。2~3週間予定を空けることが確保できるなら、このチャンスを逃す手はない。いや、予定をやり繰りしてでも、この機会に取るべきだ。

Go To トラベル適用可。免許合宿費用が、実質半額に!

この「Go To トラベル キャンペーン」に、自動車免許の合宿にも適用されるとあって話題騒然。運転免許収得にかかる費用として、教習所に通学する場合だと、約25~30万円で、免許合宿だと、20~25万円ぐらい。春休み・夏休みのシーズン期間は、もう少し割高になり、オフシーズンだともう少し割安になる。大体25万円程度が相場ではないだろうか。

しかし、「Go To トラベル キャンペーン」対象の自動車学校の免許合宿プランを申し込めば、実質半額になる。今のところ、普通車AT・MTのみ取り扱い。大型・大特、二輪免許には適用されず。

例えば、合宿免許の費用が、25万円で計算すると以下のようになる。

実質半額に!

  • 合宿免許の費用:25万円
  • GoToトラベル割引対象額(旅行代金の50%):12万5,000円
  • 旅行代金の割引(割引対象額の70%):8万7,500円
  • 支払い額:16万2,500円
  • 地域共通クーポン(割引対象額の30%):3万7,500円(実際は、3万8,000円)

※地域共通クーポンは、1,000円単位のため、端数が500円以上の場合は四捨五入されるため、3万8,000円分のクーポンが付与される。

25万円の合宿免許の費用の35%相当が割引され、16万2,500円の出費で済む。さらに、滞在中に利用できる地域共通クーポン3万8,000円分を引けば、実質半額になる計算だ。

合宿免許予約サイトのGo To トラベル対象プランを確認すると、普通車ATが13~15万円台と驚くような価格設定に。MT車も1~2万円追加で収得可能。通常だと、オフシーズンでも、19~20万円程度必要。学生が多い春休み・夏休みの繁忙期だと、30万円前後と割高になる。

2021年2月1日までに合宿免許を卒業するプランが対象だが、GoToトラベルキャンペーンの補助金の予算額が上限に達した時点で販売終了とのこと。

こんなに安く免許を取れるチャンスはこれから先あるだろうか?

Twitterでも、あまりの安さに話題になり、申し込みが殺到。受付が一時停止になるほど、反響が大きい。これから先もこんなに安く収得できることはないので、2~3週間予定(最短AT14日、MT16日から収得可能)を確保できるなら、是非とも申し込んでおきたい。

通常の免許合宿と違い、予め合宿免許料金より交通費支給額分が割引されているため、交通費の支給がない点も考慮する必要がある。

GoToトラベル対象プランを申し込む場合、「Go To トラベルのご利用に当たっての遵守事項」に同意し、Androidスマートフォン・iPhoneに、「厚生労働省新型コロナウィルス接触確認アプリCOCOA」をインストールし、合宿旅行終了まで常に稼働しなければならない。また、合宿中には、「新しい旅のエチケット」を実施することが求められている。

本人確認書類の提出、指定アプリのインストールなど、めんどくさい手間が増えるが、今後15万円前後で、免許収得できる機会なんて、そうそう巡ってこない。何が何でも今すぐ取りに行くべきだ。

Go To対象の免許合宿予約サイト・教習所

ただし、すべての免許合宿予約サイト、自動車学校がGo To トラベル対象プランを取り扱っているわけではない。そこで、割引対象プランを取り扱っている予約サイトをまとめてみた。

「一般社団法人全国自動車教習所エージェント協会」の会員一覧より、会社名と運営サイトなどを表にしている。

会社名サイト名GoTo対象プランGoTo事業者登録
I.S.コンサルティング「免許の匠」「合宿免許ネクスト」「教習所ナビ」××
アバンセ「アバンセ運転免許センター」××
安全運転教育協議会「合宿免許のキャスネット」「合宿免許アシスト」×
AN免許センター「合宿免許ステーション」××
インター・アート・コミッティーズ「運転免許トロッカ!(ローソン)」「合宿免許WAO!!(ファミリーマート)」「合宿免許ムーチョ!」「エポスカードの運転免許」「イエローハットの運転免許」「合宿免許クリック」「めんとるステーション 合宿免許」
エムズ「日本合宿免許予約センター」××
オフィス・アンズ「合宿免許エキスパート」「合宿免許MIRAI」×
シーズンズ「合宿免許アイランド」「合宿免許COOP(コープ・生協)」「免許合宿ランド」××
全日本交通安全教育センター「合宿免許ナビ」××
ティー・アイ・エス「合宿免許スクール」「合宿免許わかば」「合宿免許パートナーズ」×
東京エース免許センター「免許でエース」××
トータルマーケティングD・S「合宿免許プランナー」×
ドリーム「合宿免許ドリーム」×
ナンバメイト「教習所ドットコム」「免許合宿ライブ」「マイナビ学生の窓口合宿免許」「ミツカル合宿免許」「合宿免許プラス」×
日本教育機器販売関東「合宿免許マイライセンス」××
ビズフォース「合宿免許コンシェルジュ」「ガクコレ!合宿免許」××
フォーワールド「合宿免許FLC」「合宿免許ワールド」××
生活協同組合連合会大学生協事業連合「大学生協の合宿免許」×
記事作成時点での状況

同じ運営会社が異なる名前のサイトをいくつも運営しているが特徴的。どの運営会社も、最低価格保証を打ち出しているので、料金面での差はない。提携している自動車学校数、支払い方法(JCBカードで支払えるなど)、ケガや病気の際の保障制度などのサポート面で特色が出ている。

9月26日の記事作成時点で、GoToトラベル割引プランを提供しているは、「株式会社インター・アート・コミッティーズ」が運営しているサイトのみ。ローソンやファミリーマート店頭にパンフレットがある「運転免許トロッカ!」や「合宿免許WAO!!」を運営している会社だ。

現在、新規の受付は中止中。「インター・アート・コミッティーズ」が運営する他の予約サイトも同様。受付再開は公式サイトやTwitterでアナウンスされるが、再開と同時に申し込み殺到は確実な状況。

「インター・アート・コミッティーズ」が運営する予約サイトで、GoToトラベル対象の自動車学校は、以下の通り。

ポイント

【山形県】

  • マツキドライビングスクール太陽校
  • マツキドライビングスクール山形校
  • マツキドライビングスクール赤湯校
  • マツキドライビングスクール米沢松岬校
  • マツキドライビングスクール長井校
  • マツキドライビングスクール山形中央校
  • マツキドライビングスクール白鷹校
  • マツキドライビングスクール村山校
  • マツキドライビングスクールさくらんぼ校

【福島県】

  • マツキドライビングスクール福島飯坂校

【新潟県】

  • マツキドライビングスクール新潟西しばた校

【石川県】

  • 羽咋自動車学校

【京都府】

  • 岩滝自動車教習所
  • 網野自動車教習所

【鳥取県】

  • 山陰中央自動車学校

【佐賀県】

  • 伊万里自動車学校

Go To トラベル専用のプラン以外は、対象外に注意。他の教習所も随時追加される予定。

合宿免許の場合、基本的には、教習所と同じ都道府県に在住または住民票・実家のある人は、「入校不可地域」に指定されているため、入校できない。そのため、県外の教習所を選択しなければならない。

通常だと、往復の交通費が上限内であれば支給されるが、GoTo割引プランの場合、予め交通費支給額分が割引されているため、交通費の支給がない点に注意。費用を抑えたいなら、近隣県の自動車学校がおすすめ。

交通費は支給されないが、新幹線や高速バスも、新型コロナウィルス感染症により落ち込んだ需要を掘り起こすため、何らかの破格な切符を提供しているので、組み合わせて、交通費を節約したい。JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」や、JR西日本の「山陽新幹線 直前割50」は、通常運賃の半額になるお得な切符を販売中。

「安全運転教育協議会」「オフィス・アンズ」「ティー・アイ・エス」「トータルマーケティングD・S」「ドリーム」「ナンバメイト」「生活協同組合連合会 大学生協事業連合」は、現時点で、GoToトラベル割引プランは取り扱っていないが、GoToトラベル事業者には登録済み。今後、割引プランを提供開始する可能性ありと予想される。

そこで、いくつかおすすめの予約サイトを挙げておく。

教習所.com:合宿免許や通学型の教習所を選べる

免許合宿ライブ:人気の自動車学校ランキングやどんな人が申し込んだかをリアルタイムで更新中!

合宿免許受付センター:Tポイントが貯まるプランあり!

合宿免許ドリーム:360度カメラで教習所の雰囲気をチェック!

GoToトラベル対象プランを確実に申し込みたいなら、小まめにサイトをチェックしておくのがおすすめ。

合宿免許予約サイト以外にも、「マツキドライビングスクール」のように、自動車学校直営サイトから申込できるところもある。

自動車学校名GoTo対象プラン
マツキドライビングスクール

東日本の人は、マツキドライビングスクール(山形県・新潟県・福島県)がおすすめ。直営サイトから空きがあるのか問い合わせたほうが、早いかもしれない。

【公式】マツキドライビングスクール合宿免許

こんなに激安で免許を取れるチャンスは、キャンペーン中の今だけ!

合宿免許なら、最短でAT14日、MT16日の短期間で免許収得が可能。10代~20代の学生が多いイメージだが、近年では、30代・40代の利用者も増えているようだ。2~3週間予定を確保できるなら、こんなに格安な費用で取れる機会を逃す手はない。いや、スケジュールを調整してでも、このチャンスに取るべきだ。

GoToトラベル対象の免許合宿に申し込めば、普通車ATが14万円前後、MTでも15万前後の支払いで済む。通常の半額となる破格な料金で免許を収得できる機会は、今後とも考えられない。

GoTo対象ではないが、オンライン授業に対応した合宿プランを提供する自動車学校もある。合宿免許に参加しながら、大学や専門学校のオンライン授業を受けることもできる。冬休み・春休み前の閑散期の今なら、20万円を切る格安料金で入校が可能だ

免許合宿の費用は、宿泊代・食事代込みの料金なので、合宿している最中の生活費も浮かすことができる。また、ただ免許を取るだけでなく、空いた時間に観光地巡りやご当地グルメを堪能したりなど、普段行くことがない場所での人との出会いや、そこでしかできない体験ができるのも免許合宿の魅力だ。

いずれにせよ、GoTo対象の合宿プランは人気のため、すぐに定員が埋まってしまうことが確実な状況。冬休み・春休み期間中に行こうと考えている人も、コロナ禍のため、受け入れ人数を例年より制限する所も多い。早い時期の申し込みをおすすめする。

楽天教習所ナビ:楽天市場でのお買い物と同様に、楽天スーパーポイントが貯まる!

免許合宿ライブ:人気の自動車学校ランキングやどんな人が申し込んだかをリアルタイムで更新中!

合宿免許ドリーム:360度カメラで教習所の雰囲気をチェック!

注目記事

-ニュース

© 2020 Shigurexs.com