セール・キャンペーン情報

webサービス・ガジェット おすすめ記事

【4月1日まで】書籍・漫画・雑誌読み放題「Amazon Kindle Unlimited」3か月199円キャンペーン中!

更新日:

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」は、月額980円の定額料金で、本・漫画・雑誌をいつでも好きな時に読むことができます。月額額980円と本1冊以上読めば、すぐに元が取れるので、読書好きにおすすめ。

「Kindle Unlimited」は、2016年8月3日からサービスを開始しました。自分は初日から登録して、2年以上継続して利用しています。

サービス開始当初は話題になりましたが、「品ぞろえがイマイチで読みたい本がない」「読み放題対象の本を探すのがめんどくさい」などの理由から解約している人も多いかと思います。

確かに、人気作家の作品、ベストセラー本、最新作が少ないなどの弱点もあります。人によっては、読みたい本がないと言うのも分かります。しかし、探せば意外と掘り出し物が見つかることもあり、思いがけず面白い本とも出会うことが多々あり、暇つぶしたいときに重宝しています。

そこで、この記事では、Kindle Unlimitedの魅力、入会するメリットについてまとめてみました。

「Kindle Unlimited」の特徴:人気作家の作品・ベストセラー本にこだわらない、本・雑誌をたくさん読みたい人向け!

Kindle Unlimited 今会員登録すると『199円』で3ヶ月利用可能

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」に入会すれば、月額980円の定額料金で、書籍・コミック・雑誌・洋書の中からいつでも好きな時に読みたい作品を自由に楽しむことができます。小説・エッセー・新書・ビジネス書・自己啓発・参考書・実用書・漫画・雑誌・写真集など、多彩なジャンルの電子書籍を思う存分読むことができます。

書籍・コミック・雑誌を含む和書12万冊以上、洋書120万冊以上(サービス開始当初のタイトル数)が対象作品です。現在は、詳しい作品数は公表してませんが、同程度かと思われます。

読み放題の対象作品には、Kindle Unlimitedマークが表示されており、会員は「読み放題で読む」をタップするだけで、すぐに読み始めることができます。

作品のダウンロード方法は、通常のKindleと同じで、Kindle電子書籍リーダーやFireタブレット、iPhone・iPad、Android端末などのスマートフォン・タブレット、パソコンに保存可能です。

30日間の無料のお試し期間があるので、使い勝手の良さ、読みたい本があるかなどを実際に入会して確認することが可能です。お試し期間終了後の会員登録は自動的に更新されますが、いつでもAmazonのサイトから解約することができるので、手軽に試すことができます。

読み放題対象作品は、「Kindle Unlimited」マークが表示してある電子書籍のみ

読み放題と言っても、Amazonの電子書籍ストア「Kindleストア」で販売している電子書籍・コミック・雑誌・洋書のすべてが読めるわけではありません。

「kindle Unlimited」のアイコンが表示されてある作品のみ。表示がない作品は、読み放題の対象外です。漫画では、最初の数冊は読み放題で読めるけど、残りの巻は読めないこともあります。

ダウンロード保存できるのは10冊まで

一度に読める(ダウンロード保存)できる本の上限があります。同時に読めるのは上限の10冊まで。11冊目を端末にダウンロード保存するには、どれか1冊を削除しないといけません。

本の利用が11冊を超えると、「現在利用中の本の利用を終了することで、他の本を利用することができます。」と表示されます。

レンタルしている本を返却したら、新しい本を借りることができるイメージです。図書館やレンタルショップと違い、返却期限がないので、退会しない限りお気に入りの本をお手持ちの端末に保存して好きな時に読み返すことができます。

読み放題対象作品は、随時変更される

読み放題対象作品は、数週間~数か月ごとに入れ替わっています。終了告知もなく、突然変更されるので、お気に入りの本は早めに端末に保存しておいたほうが良いです。

スマホなどの端末に保存しておいた作品は、ラインナップから除外されても、解約しない限り読み続けることができます。

例えば、サービス開始時に読み放題対象作品として、プレスリリースに書いてあった作品でも現在は読めないことが多いです。

  • 「星を継ぐもの(ジェイムズ・P・ホーガン、池 央耿訳)」:対象外
  • 「人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵)」:対象外
  • 「ざっくり分かるファイナンス(石野雄一)」:対象
  • 「陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎)」:対象外
  • 「Harry Potter(ハリー・ポッター)シリーズ(J. K. Rowling)」:対象

作品を読まれるほど、Amazonが出版社側に払う金額が増える仕組みなので、読者の多い人気本だとコストがかかりすぎるようです。なので、人気作家の本・人気漫画は、ラインナップにほとんど入っていません。

当たり前と言えば、当たり前ですが、売れ筋の良いメジャー本は対象作品になりにくいです。たまに、ベストセラー本でも対象となっていることがあるので、そういう本を見つけたら、早めに端末に保存しておいたほうが良いです。

Kindle Unlimitedの魅力・入会するメリット

Amazon Kindle

出典:Amazon.co.jp:Kindleストア

kindle Unlimitedの魅力を説明します。

月1冊以上読めば、確実にお得!

月額980円なので、本・漫画・雑誌を月2冊読めば、すぐに元が取れます。普通の単行本なら1冊1,500円ぐらい。新書・漫画・雑誌なら1冊500円ぐらいと、1冊以上読めば確実にお得です。豊富なジャンルが読めるので、読書好きはもちろん、本を読む習慣がない人でもまったく問題ありません。

Kindle Unlimitedを2年以上継続しているのですが、毎月10冊以上読んでいるので、定額料金で読み放題サービスは本当にありがたいです。書店で購入すれば、毎月5,000円以上かかるので、書籍代の節約にもつながっています。

どれだけお得かというと、日本でも大人気の「ハリー・ポッターシリーズ(J・K・ローリング)」全7巻がすべて読み放題です。

ハリー・ポッターシリーズ(全7巻)をkindleストアで個別に購入するなら、

①ハリー・ポッターと賢者の石 762円
②ハリー・ポッターと秘密の部屋 1,103円
③ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 1,103円
④ハリー・ポッターと炎のゴブレット 1,103円
⑤ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 1,103円
⑥ハリー・ポッターと謎のプリンス 1,103円
⑦ハリー・ポッターと死の秘宝 1,103円
合計 7,380円

全7冊の合計金額が7,380円になります。しかし、読み放題サービスに入会すれば、ハリー・ポッターシリーズをたった980円で初めから最後まで全部読めちゃいます。

「kindle Unlimited」が、どれだけコスパが良いか実感できるかと思います。

色々なジャンルが読み放題なので、思わぬ本と出会える

小説、エッセー、ライトノベル、新書、ビジネス書、自己啓発、趣味・実用書、参考書、写真集、アダルト、コミック、雑誌など和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題なので、普段絶対に書店では手に取らないだろうジャンルでも気軽に試し読みができます。

月額980円の定額制なので、この本買ってお金損したなぁということがありません。面白くなかったら、すぐに削除すればいいだけ。書店では買うのがちょっと恥ずかしい本でも人目を気にせず読むことができます。色々掘り出し物も多く、思いがけず面白い本と出会えます。

また、情報収集ツールとしても最適で、ファッション、スポーツ・アウトドア、エンターテインメント系の雑誌も読めるので、趣味の幅や知見も広がります。

電子書籍なので持ち運びに便利。暇つぶしに最適なツール

電子書籍に共通するメリットですが、紙の本から解放されることで、持ち運びが楽になります。紙の本って地味に重いので、カバンが軽くなるのはありがたいです。また、紙の本だと両手を使わないと読みづらいですが、電子書籍なら片手でページをめくることができるので、通勤・通学の電車やバスの車内でも本が読めます。

図書館や書店と違い、24時間いつでも好きな時に本をレンタルすることができるので、暇な時の時間つぶしに重宝します。旅行や出張の際の新幹線・飛行機の移動時間に読むのに便利です。何十冊もスマホに保存して持ち運べる電子書籍の手軽さには敵いません。

「Kindle Unlimited」のデメリット・注意点

ベストセラー本や人気漫画は対象外

出版さればかりの最新作や、売れっ子作家のタイトルなど売れている本は、ほとんど読めないと思ってください。池井戸潤、伊坂幸太郎、宮部みゆき、村上春樹など人気作家の小説を読みたい人には向いていません。

漫画でも、集英社・講談社・小学館のジャンプ・マガジン・サンデー系の連載漫画は利用不可です。どちらかというと、メジャー本にこだわらず、本・雑誌をたくさん読みたい人、掘り出し物の良書を見つけたい人向けです。

雑誌・漫画が読みたい人は、他のサービスがおすすめ

Kindle Unlimitedの魅力として、一般書籍・漫画・雑誌が読めることです。漫画や雑誌だけに特化した読み放題サービスと比較して、様々なジャンルの本を読めるのがメリットです。小説・エッセー、ビジネス書、自己啓発本、参考書、洋書などの一般書籍の数は、他のサービスと比較して段違いに多いです。

なので、一般書籍を読みたい人、色んなジャンルの本を読みたい人におすすめです。その反面、漫画や雑誌のラインナップは、専門サービスに負けています。

雑誌だけを読みたいなら、ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」のほうがおすすめです。月額400円(税抜)で、人気雑誌200誌以上、バックナンバーも含め1,500冊以上が読み放題。キャリアフリーのサービスなので、au・ソフトバンク・格安SIMユーザーなどドコモ以外の人でも利用可能です。

また、漫画だけを読みたい、特定の出版社の作品だけ読みたいなら、出版社が提供しているサービスやアプリに入会したほうが良いです。

  • 集英社:少年ジャンプ+
  • 講談社:マガポケ、コミックDAYS
  • 小学館:マンガワン
  • 白泉社:マンガPark
  • スクウェア・エニックス:マンガUP!

月額定額料金やポイントを貯めることで、連載中の人気漫画でもスマホアプリで読むことができます。ジャンプ・マガジン・サンデー系の漫画を読みたいなら、出版社が提供している漫画アプリがおすすめです。

「1-Clickで今すぐ買う」ボタンが怖い

Kindleストア愛用者のあるあるだと思いますが、「1-Clickで今すぐ買う」ボタンに神経を使う。「1-Clickで今すぐ買う」とは、文字通り電子書籍を1クリックで即時購入できるボタンです。便利な反面、間違えて押してしまうことがあり、Kindle本の通常価格で注文されてしまいます。

このボタンを非表示にして欲しい人も多いかと思いますが、Kindleコンテンツでは「1-Clickで今すぐ買う」ボタンを削除することができません。

パソコンの大きな画面だと間違えてクリックすることはないのですが、スマホの小さな画面だとたまに押し間違えることがあります。特に、通信速度制限がかかっている時は、画面の表示に時間がかかって、間違えてボタンをタップしやすいです。

なので、ボタンを押さないように毎回気を使っています。なお、間違えて注文した場合、カスタマーサポートに問い合わせすれば、返金してもらえます。

まとめ

雑誌だけ、漫画だけを読みたいなら、他の読み放題サービス・アプリがおすすめです。小説、ビジネス書、趣味・実用書など一般書籍、コミック、雑誌、洋書など幅広いジャンルの本を万遍なく読みたいなら、Kindle Unlimitedをおすすめします。

月額980円なので、読書好きの人でも、あまり本を読む習慣のない人でも、十分すぎるほど元が取れます。読み放題なので、普段興味のないジャンルの本でも手軽に試し読みすることができます。面白くなくても削除すればいいだけなので、購入して損したってことがありません。実際に、入会して普段買わないようなジャンルの本・雑誌を読むことが増え、読書量も増えました。

2年以上継続していますが、随時入れ替わっている、新着があるので、読みたい本がまったくないということはありません。キャンペーンなどで、意外なベストセラー本・良書が対応していることもあり、びっくり驚くことも多いです。

初回30日間は、無料のお試し期間があるので、使い勝手の良さ、ラインナップの充実度、読みたい本があるのかを確認することが可能です。

「Kindle Unlimited」なら、ハリー・ポッターシリーズ(全7巻)を最終巻まで980円で読むことが可能とかなりお得です。

現在、「Kindle Unlimited 今会員登録すると3ヶ月199円で利用可能」キャンペーンを実施中。2019年4月1日(月)23時59分までに新規入会すると、3か月間199円で電子書籍が読み放題です。

キャンペーン適用条件は、過去12か月以内にKindle Unlimited無料体験を利用していない人。対象者には、キャンペーン登録ボタンが表示されます。

期間限定キャンペーンなので、この機会にぜひ「Kindle Unlimited」を体験してみてください。

※料金・対象作品などは、ブログ記事作成時点での情報です。

3か月199円で、書籍・漫画・雑誌が読み放題!

「Kindle Unlimited」もっと詳しく調べる

2019年4月1日(月)23時59分までキャンペーン中!

注目記事

-webサービス・ガジェット, おすすめ記事
-, , , ,

Copyright© Shigurexs.com , 2019 All Rights Reserved.