電子マネー・スマホ決済

ドコモ改悪。「dポイント スーパー還元プログラム」を大幅変更。新たに、ポイント付与上限も!

NTTドコモは、2020年5月10日(日)より「dポイント スーパー還元プログラム」の内容を変更すると発表。ポイント還元率アップ条件や決済金額の上限などが改訂される。

最大+7%加算は変更されないが、ポイント還元率アップのクリア条件が大幅に変更されるため、dポイントを貯めているドコモユーザーは要確認だ。

新たに、ポイント還元対象となる金額が、「1万5000円(最大1,050ポイント)」に制限されるため、大幅に改悪された結果に。

最大+7%還元「dポイント スーパー還元プログラム」現行ルールをおさらい!

NTTドコモは、決済サービス「d払い」と「iD(dカード)」での買い物金額の最大7%分のdポイント(期間・用途限定)を還元する「dポイント スーパー還元プログラム」を2019年6月から提供。「dポイントクラブの会員ステージ」や、ドコモの携帯電話料金を「dカード」で支払うなどの条件を達成すると、dポイントの還元率がアップする仕組みだ。

この「dポイント スーパー還元プログラム」が、2020年5月10日(日)から改定される。まずは、現行ルールをおさらいしてみよう。

項目判定条件還元率
dポイントクラブステージ当月のdポイントクラブの会員ステージが「プラチナステージ」であること。+1%
dカードでドコモ利用料金を支払う前月末時点で、ドコモの利用料金の支払いに、「dカード」を設定していること。+1%
dマーケット等(対象21サービス)前月末時点で、いずれかの月額課金サービスと契約。または、前月中にいずれかの都度課金サービスを利用していること。+2%
いちおしパック 前月末時点で、「いちおしパック」を契約していること。+1%
DAZN for docomo前月末時点で、「DAZN for docomo」を契約している。+1%
Disney DELUXE前月末時点で、「Disney DELUXE」を契約していること。+1%

5月10日(日)以降の「d払い」「iD(dカード)」を利用したお買い物の還元条件が、下記内容に変更となる。

5月10日より、還元率アップ条件が大幅変更。利用頻度・金額を重視へ!

項目 判定条件 還元率
dポイントクラブステージ 当月のdポイントクラブの会員ステージが「プラチナステージ」であること。 +1%
dポイントを貯めた回数 前月のdポイントを貯めた回数の合計で判定。 50回~99回/月 +0.5%
100回以上/月 +1%
dカードでのドコモ利用料金の支払い(GOLD会員限定) 前月末時点で、「dカードGOLD契約者」が、ドコモの利用料金の支払いにdカードを設定していること。 +1%
ネットのお店のお買い物

前月に利用した以下1~4のネットのお店のお買い物の合計金額で判定。

  1. d払いネットでのお買い物。
  2. ドコモ払いでのお買い物。
  3. SPモードコンテンツ決済でのお買い物。
  4. dマーケット等(月額・都度課金)でのお買い物
2万円~
4万9,999円/月
+1%
5万円以上/月 +2%
dカード請求額 前月のdカード請求額(毎月10日の確定請求額)で判定。 10万~
19万9,999円/月
+1%
20万円以上/月 +2%
合計還元率 最大+7%

還元率最大+7%という点は変わらないが、上乗せ条件が大幅に変更している点に注意。

「dポイントクラブステージ」が「プラチナステージ(ドコモ回線継続利用期間15年以上またはdポイント獲得数が6か月間で累計1万ポイント以上)」で、+1%という達成条件以外は、すべて変更されている。

新しく追加されたルールを確認していきましょう。

dポイントを貯めた回数

前月(反映日が前月1日~月末まで)のdポイントを貯めた回数の合計で判定される。

  • 50回以上99回以下の場合:+0.5%
  • 100回以上:+1%

前月のdポイントが付与されるお買い物やドコモの回線利用で貯まったdポイントの獲得回数を集計して判定。ただし、dポイント(期間・用途限定)は、集計対象外。また、ポイント移行やキャンペーンなど、支払いが伴わないdポイント獲得については、ステージ判定対象とならない場合あり。

集計対象となるdポイントは、「dポイントクラブステージ判定の対象となるdポイント」と同じ。ステージ判定対象となるdポイントは、以下の4項目。

  1. 街やネットのお店でためる
  2. ドコモ回線利用でためる
  3. dカードでためる
  4. アクセサリーやオプション品でためる

※各社のサービスやキャンペーン内容により進呈されるポイントが、dポイントクラブのステージ判定の対象外となる場合あり。
※dカード GOLD特典分の進呈ポイントは、ステージ判定対象外となる。

次に、ステージ判定対象外となるdポイントは、以下の9項目。

  1. キャンペーン
  2. アンケートでためる
  3. ずっとドコモ割プラス
  4. ドコモ子育て応援プログラム
  5. 更新ありがとうポイント
  6. レシートでためる
  7. 歩いてためる
  8. ポイント交換でためる
  9. 遊んでためる

どのアクションで貯めたdポイントが集計対象は、「dポイントクラブサイトのポイント獲得・利用履歴」で確認するのが一番手っ取り早い。「dポイントクラブステージ判定の対象となるdポイント」と同じなので、★マークが付いてるdポイントが対象と分かりやすい。

dポイントクラブサイトのポイント獲得・利用履歴は、スマートフォン・タブレットのdポイントクラブアプリやdポイントクラブの公式サイトから確認可能。

dポイントクラブ加盟店(街・ネットのお店)でお買い物、ドコモの公式クレジット「dカード」で支払ったお買い物の回数を増やすことで、+0.5% or +1%を達成できる。

50回未満は上乗せなしとハードルが高い。単純に合計100回以上をクリアするには、1日3回以上お買い物をする必要がある。50回以上でも1日2回以上のお買い物が必要だ。積極的にd払い・dカードでお買い物をしないと難しい。

dカードでのドコモご利用料金お支払い(GOLD会員限定)

前月末時点で、dカードGOLD契約者がドコモの利用料金の支払いにdカードを設定していること。

ドコモの公式クレジットカード「dカード GOLD(家族会員も含む)」を保有し、ドコモの「携帯電話回線またはドコモ光回線」の支払い方法がdカードであること。ゴールドカードのdカードGOLDのみが対象。一般カードのdカードは対象外に注意。

  • dカードでのドコモ利用料金の支払い(GOLD会員限定):+1%

ちなみに、一括請求グループ子回線の場合、「dカードGOLD(家族会員含む)」契約かつ、一括請求グループ親回線の支払い方法がdカードに設定されていれば還元対象となる。

つまり、家族でドコモを利用しており、一括請求で親がdカードGOLD支払いに設定していれば、子回線の家族も+1%アップとなる。dカードGODが存在感を増し、dカードGOLDを作成しないドコモユーザーは損する結果に。

dカードでは、以下の入会キャンペーンを開催。

  • dカード入会&利用特典:最大6,000ポイントプレゼント
  • dカードGOLD入会&利用特典:最大1万1,000ポイントプレゼント
  • dカードU25応援キャンペーン(25歳以下の新規入会):最大1万8,000ポイントプレゼント

ネットのお店のお買い物

前月に利用したネットのお店での以下のの支払い方法の利用金額の合計で判定。

  1. d払い
  2. ドコモ払い
  3. SPモードコンテンツ決済(Google Play・iTunes等のキャリア決済も含む)
  4. dマーケット等(月額・都度課金)

前月1日~月末までのネットのお店でのお買い物の利用金額の合計に応じて、還元率が決定。

  • 2万円以上4万9,999円以下(税込):+1%
  • 5万円以上(税込):+2%

月々5万円以上とハードルが高い。達成するためには、Amazonやメルカリなどd払いが利用できるオンラインストアが中心になる。Google Play・iTunes等のキャリア決済もも対象となるため、スマートフォン・タブレットのゲームアプリに課金する際は、SPモードコンテンツ決済がおすすめだ。

また、ドコモのコンテンツサービス利用料金も対象となっている。対象となるのは以下の通り。

月額サービス

dTV、dTVチャンネル、dマガジン、dヒッツ(300円・500円)、dフォト、dアニメストア、dヘルスケア(300円・500円)、dキッズ、dエンジョイパス、dジョブ スマホワーク(有料オプション)、dミュージック(月額コース)、ひかりTV for docomo、いちおしパック、DAZN for docomo、Disney DELUXE

また、以下の都度課金サービスの利用金額も対象。

都度課金サービス

注意点として、dマーケット等の都度課金サービスにおいて、代金引換・コンビニ払い・現地決済などネットを介さない決済は集計対象外。また、dポイントやdコイン、クーポンなどを適用した場合、適用後の決済金額が集計対象となる。

dカード請求額

前月のdカード請求額(毎月10日の確定請求額)で判定。

  • 10万円~19万9,999円(税込):+1%
  • 20万円(税込)以上:+2%

dカードでお買い物した合計金額によって、還元率を決定。dカードGOLDだけでなく、一般カードのdカード利用も対象。

少しややこしいのだが、「前月請求分」とは、3か月前の16日~2か月前の15日までの利用分のことで、2か月前の月末頃に配信される「ご利用額お知らせメール」に記載の「お支払金額」が対象となる。

例えば、5月10日から新ルールに変わるが、5月10日からdカード請求額の項目で+2%を達成するには、

  • 対象となるdカード利用期間:2月16日~3月15日
  • ご利用額お知らせメール配信日:3月末頃
  • 対象となるdカード請求額の引き落とし日:4月10日
  • 還元率アップ期間:5月10日~6月9日

前月請求額とは、2か月前の「ご利用金額お知らせメール」に書いてある金額のこと。dカード家族会員の場合、本会員の口座から引き落としされた金額が集計され、合計金額が条件を満たしていれば、家族会員も還元率アップ対象となる。

毎月10万円以上クレジットカードでお買い物をしないと還元率アップ対象とならないので、ハードルが高い。10万円を超えるためには、支払いをdカードにまとめる必要がある。一般カードのdカードも対象だが、毎月10万円以上クレジットカードで決済するなら、「年間ご利用額特典」があるdカードGODのほうが確実にお得だ。

新ルールでは、dカードの項目が2つもある。ますます、dカードの重要性が増している。

新たに、「月額1万5,000円(最大1,050ポイント)」の上限設定!

上記5つの還元条件の達成に応じて、最大+7%となる。つまり、100円(税込)につき、最大7ポイントが還元される。

ちなみに、通常の還元率は、以下の通り。

  • d払い(街のお店):200円(税込)につき1ポイント→0.5%還元
  • d払い(ネットのお店):100円(税込)につき1ポイント→1.0%還元

還元率アップ対象期間は、毎月10日0時~翌月9日23時59分まで。

dポイント スーパー還元プログラムは、必ずエントリー必須となるため、毎回忘れずに参加申し込みが必要である。また、プログラムの参加には、「お知らせ通知」配信の同意が必要。OFFの場合、6月10日より未エントリーの扱いとなり、ポイント還元対象外となる点に注意。

ポイント還元対象金額の上限

今回の改定の最大の問題点は、ポイント還元対象金額に上限が設定されたこと。旧ルールでは、上限なしだったが、新ルールでは、以下の上限となる。

  • 1万5,000円/月(毎月10日~9日)

※還元率+7%の場合、1,050ポイントが進呈ポイント上限となる。頑張って+7%の上乗せ条件をクリアしても、付与されるボーナスポイントは、最大1,050ポイントだ。

最大1,050ポイントと天井が低いので、これまで稼いでいた人はダメージが大きい。これなら、無理に条件をクリアする必要がない。新ルールで得する人損する人もいるのが、1,050ポイントの制限が付いたことで、改悪と言わざるを得ない。

2020年5月10日からは、還元率アップ条件が大幅に変更され、新たにポイント還元額の上限が設定されているので、ドコモユーザーの人は、新ルールを要確認。

dポイント スーパー還元プログラムの詳細はdポイントクラブ公式サイトで確認してください。

注目記事

-電子マネー・スマホ決済
-,

Copyright© Shigurexs.com , 2020 All Rights Reserved.