webサービス・ガジェット

ahamo・povo・LINEMOを比較。契約前に知っておきたいそれぞれの違いと最大の強み!

NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの大手携帯電話会社が、大容量低価格プランを2021年3月から提供開始しました。サービス開始から数か月が過ぎ、「ahamo」「povo」「LINEMO」のそれぞれの新料金プランの情報が出揃いました。

3社とも「20GBで3,000円未満の基本料金」「オンライン専用」といったシンプルな基本設計は、共通しており、似たり寄ったりの横並びに感じますが、見比べると細かな違いがあります。

この記事では、「ahamo」「povo」「LINEMO」を比較して、3つのプランの共通点や相違点を説明しています。特に、違いについてクローズアップして書いています。

月額料金の安さばかりが強調されていますが、フルサービスのキャリアプランとは異なる制限事項もあり、乗り換える際には慎重に確認することが大切です。目先の月額料金ばかりに目を奪われず、メリット・デメリットをしっかりと吟味したうえで、どのプランが自分に適しているのか慎重に選んでください。

横並びの新プラン。それぞれの違いは?

まずは、NTTドコモの「ahamo(アハモ)」、au(KDDI)の「povo(パヴォ)」ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」各社の新プランをおさらいします。3社とも「月額料金が3,000円未満の低価格」「20GBの大容量」「無料通話オプションあり」「キャリアメールなし」といった条件は酷似しています。

なので、どのプランを選んでも同じかと思いきや、そうではありません。それぞれ独自の強みや弱点があります。

携帯電話会社ドコモauソフトバンク
ブランド名ahamo(アハモ)povo(パヴォ)LINEMO(ラインモ)
月額料金2,970円(税込)2,728円(税込)2,728円(税込)
データ容量20GB20GB20GB
超過後の速度制限最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
テザリング対応対応対応
ネットワーク回線4G/5G4G/5G(2021年夏~)4G/5G
時間帯による速度制限なしなしなし
海外データ通信無料提供予定海外パケットし放題:2,980円(税込)/日
データ追加購入1GB追加+550円(税込)1GB追加+550円(税込)1GB追加+550円(税込)
公衆無線LANd Wi-Fi:無料au Wi-Fi:無料ソフトバンクWi-Fiスポット:不可
ソフトバンクWi-Fiスポット(EX):514円(税込)/1日
無料通話5分以内の通話無料なしなし
通話料30秒あたり22円(税込)30秒あたり22円(税込)30秒あたり22円(税込)
通話オプション通話し放題:+1,100円(税込)5分以内の通話無料:+550円(税込)
通話し放題:+1,650円(税込)
5分以内の通話無料:+550円(税込)
通話し放題:+1,650円(税込)
キャリアメールなしなしなし
留守番電話なしなしなし
その他の特徴ファミリー割引・みんなドコモ割のカウント対象(ahamo回線の割引なし)
dカードを支払い設定で+1GB
dカード GOLDを支払い設定で+5GB
dカード GOLDで10%還元(上限300ポイント)
データ使い放題24時間:220円(税込)/24時間LINEギガフリー:LINEアプリのデータ消費ゼロ
LINEスタンププレミアムが無料

音声通話重視のahamo、LINE特化のLINEMO

まず、月額基本料金は、povoとLINEMOがahamoよりも安いです。ahamoは、2,970円(税込)ですが、povoとLINEMOは、2,728円(税込)となっています。これは、月額料金を少しでも安くするために、5分間の通話定額を切り離して、オプション扱いとしているためです。

ahamoは、月額料金に5分間の国内通話無料が含まれています。「かけ放題オプション」を月額1,100円(税込)で追加可能です。

povoとLINEMOは、30秒あたり22円(税込)の通話料金がかかります。povoで通話料を定額にしたいなら、「5分以内通話かけ放題(税込550円/月)」や「通話かけ放題(税込1,650円/月)」に加入する必要があります。

同じように、LINEMOで通話料を定額にしたいなら、「通話準定額(税込550円/月)」と「通話定額(税込1,650円/月)」を選択しなければなりません。ただし、通話オプション割引キャンペーンを開催しており、加入から1年後まで、「通話準定額(税込550円/月)」が無料に、「通話定額(税込1,650円/月)」が税込1,100円で利用できます。

通話定額ありで比較すると、ドコモ「ahamo」が最安値!

ahamopovoLINEMO
月額基本料金2,970円(税込)2,728円(税込)2,728円(税込)
5分以内の無料通話2,970円(税込)+0円
=2,970円(税込)
2,728円(税込)+550円(税込)
=3,278円(税込)
2,728円(税込)+550円(税込)
=3,278円(税込)
通話し放題2,970円(税込)+1,100円(税込)
=4,070円(税込)
2,728円(税込)+1,650円(税込)
=4,378円(税込)
2,728円(税込)+1,650円(税込)
=4,378円(税込)

5分以内の通話無料と通話時間・回数ともに無制限の通話し放題のオプション料金を含めると、ahamoに軍配があがります。特に、家族でドコモの「ファミリー割引」に加入していて、家族で長電話する機会が多いなら、他社に乗り換えない方が良いです。なぜなら、ahamoは、ファミリー割引に対応しているからです。

家族内の国内通話無料に対応しているahamo

  • ギガプラン回線からahamo回線へ発信:無料
  • ahamo回線からギガプラン回線へ発信:有料 or 定額オプション加入
  • ahamo回線からahamo回線へ発信:有料 or 定額オプション加入

あくまでもファミリー割引のカウント対象となるだけで、ahamo回線の割引は対象外となりますが、家族のギガプラン回線(5Gギガホ プレミア・5Gギガライト・​ギガホ プレミア・)の値引きは適用されます。家族間通話無料について、ahamo契約回線からの発信は対象外ですが、ドコモのギガプラン契約回線からahamo契約回線への発信については無料となります。

ファミリー割引は、主回線から三親等以内の家族・親族であれば、同居・別居を問わず、ファミリー割引のグループを組むことが可能です。なお、ドコモが定める三親等の家族の定義は、法律上の結婚のみならず、互いに婚姻の意思を持って夫婦として共同生活を行っている場合(事実婚や同性パートナー)を含みます。

親や兄弟姉妹・親戚・パートナーがドコモなら、向こうからかけてもらえば、オプションに加入しなくても、通話時間・料金を気にせず、長電話できるのは安心ですね。なお、auとソフトバンクは、家族割引の家族間通話無料の対象外にしています。

ahamopovoLINEMO
家族間通話無料△(着信のみ)××

通話時間・通話回数ともに無制限の通話定額のオプションを組み込んでも、ahamoがpovoとLINEMOよりも300円程度安いです。また、家族割引制度の家族内の通話無料に対応しているのはahamoだけ。

この点は、音声通話をどのくらい重視するかだと思われます。通話定額も含めて、月額料金を節約したいなら、ahamoです。まったく電話をかけない通話も待受さえできればいいという考えなら、最安値のpovoとLINEMOが有力候補になります。

LINEアプリの音声通話・ビデオ通話がメインなら、LINEMOもあり

音声通話をまったく使わず、LINEのトーク・通話で十分という人は、LINEMOがおすすめです。

LINEMO最大の強みとして、「LINEギガフリー」があります。通常、LINEアプリを利用すると、データ通信が発生し、データ通信容量を消費します。しかし、LINEMOなら、LINEアプリのトークはもちろん、音声通話・ビデオ通話も使い放題です。さらに、データ容量20GBを超過しても(通信速度制限がかかっても)LINEアプリの通信速度は落ちません。

LINEを活用してきたユーザーには、かなり魅力的に映るプランだと断言できます。オプションをまったく付けず、通話も待受さえできればいいという考えなら、最安値のLINEMOが有力候補になります。

海外行くならahamoに軍配。LINEMOは、従量課金制に注意

ahamoでは、申し込み・追加料金不要で海外82の国・地域で国際ローミング(海外で現地の携帯電話会社の回線を用いたインターネット接続)ができます。国内利用分と合わせて20GBまで自由に使え、海外でもテザリングに対応しています。データ容量を超過した場合、通信速度は送受信最大1Mbpsに制限されます。ただし、海外で15日以上データローミングを利用すると、通信速度が送受信最大128kbpsとなる制限があります。

国際ローミングに無料対応しているのは、ahamoだけの特徴です。povoについては提供予定で、LINEMOは従量課金制に要注意です。

LINEMOは、海外へ旅行や出張に行く際に、特に注意が必要です。ahamoは追加料金不要ですが、LINEMOは、別途通信料が発生します。海外でデータ通信を行うと、「海外パケットし放題」の料金が適用されます。

「海外パケットし放題」の定額料は、1日の利用バイト数によって異なり、日ごとに追加される従量課金制で、高額請求になる恐れがあります。

定額料金
25MBまで0円~1,980円/日
25MB以上2,980円/日

例えば、10日間海外へ旅行や出張へ行った際に、データローミングをオンにした状態で、インターネットを接続した場合、1日ごとに2,980円(国際サービス料金は課税対象外)が加算され、2,980円×10日で2万9,800円となります。帰国してから請求書を見てびっくりしないようにしてください。LINEも国内ではデータフリーですが、海外ではLINEギガフリーの対象外となる点も勘違いしてはいけません。

海外に行く機会があるなら、追加料金不要で、渡航先でも面倒な手続きなく、インターネットを利用できるahamoが便利です。

キャリアの公衆無線LANを無料で利用できるahamoとpovo 利用できないLINEMO

WebサイトやSNSの閲覧といった何気ない作業でも、それなりの通信量を消費しますし、動画の視聴やソーシャルゲームで遊ぶと、あっという間に大量のデータ通信量が発生します。データ容量が20GBあると言っても油断はできません。20GBを超過すると、月末まで最大1Mbpsの速度制限となり、低速通信で我慢するか1GB550円(税込)で追加購入する必要があります。

そのため、Wi-Fiに接続できる場所では、なるべくWi-Fiを使うのがベターです。NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの大手携帯キャリアは、公衆無線LANサービスを提供しており、契約者であれば無料で利用できます。

NTTドコモは「d Wi-Fi」、auは「au Wi-Fi」、ソフトバンクは「ソフトバンクWi-Fiスポット」をそれぞれ提供しています。キャリアのプランなら、無料で利用できますが、オンライン専用プランでは、各社で対応が異なっています。

ahamoとpovoは、追加料金不要でキャリアの公衆無線LANサービスをメインブランドの料金プランと同じように利用できます。一方、LINEMOでは、ソフトバンクWi-Fiスポットは利用できません。ソフトバンクWi-Fiスポットを利用したいなら、「ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)」と契約して、514円(税込)/日を支払う必要があります。

月額ならまだしも日額なので、コスパが悪く、使い勝手が悪いと言えます。なお、d Wi-Fiは、ドコモと回線契約がなくても、「dポイントクラブ会員」に入会すれば無料で利用できます。また、au Wi-Fiも、au PAY(auの決済サービス)に登録すれば、無料で利用可能です。

現在、外出先の飲食店・コンビニ・交通機関などで、キャリアの公衆無線LANサービスに接続することが多いなら、LINEMOに乗り換える際は要確認です。自宅にWi-Fi環境があれば気にならないですが、見落とされがちな点です。

テザリングも含め24時間使い放題のトッピングがあるpovo

povoは、トッピング機能で他社と差別化を図っています。要するに、自由に追加できるオプションサービスです。現状では、「24時間データ使い放題」しか違いはありません。この「24時間データ使い放題(1回ごと税込220円)」が、刺さる人には刺さるオプションです。

24時間データ使い放題に申し込むと、月20GBのデータ容量とは別枠で、データ通信が24時間は無制限で使えます。オプション料金を支払った直後から対象となるので、急な状況でも柔軟に対応できます。リモートワークやオンライン会議・授業が一般的となり、スマートフォンから接続する人にとっては使い勝手のよい機能です。

テザリングも含めて使い放題なのは、ポイントが高いです。しかも、テザリング使用でも上限なしとテザリングを重視する人にはありがたいです。テザリングでパソコンと接続すると、データ消費量が多くなりやすいですが、データ消費を気にせず使えるのは嬉しいですね。外出先でもパソコン作業ができ、仕事で大量のファイルをやり取りする時に役立つこと間違いなしです。

スマートフォンとは別に、モバイルルーターを持ち歩く人でも、povoをうまく活用すれば身軽になりますね。

「ahamo公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

「povo公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

「LINEMO公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

契約・サポート面での違い

次に、契約・サポート面での相違点をまとめて比較してみました。オンラインに特化した料金プランとして、店舗や電話での受付やサポートはしないpovoとLINEMOに対して、有料サポートを打ち出したahamoと対応が分かれています。

携帯電話会社NTTドコモauソフトバンク
ブランド名ahamopovoLINEMO
契約者20歳以上の個人20歳以上の個人18歳以上の個人
継続利用期間の引継ぎ可能不可不可
最低利用期間なしなしなし
契約事務手数料無料無料無料
移行手数料無料無料無料
契約解除料無料無料無料
MNP転出手数料無料無料無料
初月の基本料日割り計算日割り計算日割り計算
支払い方法クレジットカード・口座振替クレジットカード・口座振替クレジットカード・口座振替
申し込み方法オンライン手続き
ahamo WEBお申込みサポート(有料)
オンライン手続きオンライン手続き
eSIM対応予定対応対応
端末の販売ありなしなし
サポートチャット
ahamo WEBお手続きサポート(有料)
チャットチャットやLINE
端末の故障対応オンライン修理受付サービス
ドコモショップ店頭
なしなし
補償サービスありなしなし

継続利用期間の引継ぎができるahamo できないpovoとLINEMO

ahamoとpovoは20歳以上の個人が対象のため、未成年者名義での契約はできません。LINEMOは、18歳以上から契約可能(親権者の同意が必要)です。どのプランも、保護者名義で契約して、高校生・中学生・小学生の子どもを利用者登録することは可能です。

ahamoとpovoとLINEMOの3つとも最低利用期間が設定されておらず、契約事務手数料やキャリアからの移行手数料はすべて無料です。

キャリア回線契約の継続期間の引継ぎが可能なのはahamoだけ。povoとLINEMOは乗り換えるとリセットされ、ゼロから再スタートです。オンライン専用プランには、利用期間に応じた特典制度はありませんが、キャリアのプランに出戻った時に、地味に効果を発揮します。

契約期間に応じてポイントが付与されるなどの特典がキャリアのプランには提供されているので、継続利用期間が長い方がお得です。ドコモユーザーなら、安心してahamoに乗り換えできます。地味だけど、評価したいポイントです。

店頭サポートなどのコストを削って低料金を実現したプランのため、3社ともオンライン手続きがメインです。ahamoに限り、ドコモショップ店頭で、「ahamo WEBお申込みサポート(税込3,300円)」を利用すれば、ドコモショップのスタッフがahamoへ乗り換えを手伝ってくれます。ただし、この有償サポートで、3,300円(税込)を支払う必要があります。また、ahamo契約後の各種手続きの申し込みをサポートしてくれる「ahamo WEBお手続きサポート(税込3,300円)」も提供されています。

ドコモのギガプランなら、ドコモショップのスタッフが操作を肩代わりしてくれますが、あくまで、手続きの補助・アドバイスを行うだけであって、ahamoサイト上での手続きの操作を自ら行う形です。個人的には、オンライン手続きを自分自身だけで契約できない人が、ahamoに乗り換えるべきではないと思いますが…。

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えの際は、二重払いに注意!

どのプランも、契約事務手数料、同じキャリア間で乗り換えた移行手数料は無料と乗り換えやすくなっています。新規契約(MNP含む)の月額料金は、開通日から月末の料金で日割りされます。一方で、同じキャリア間で乗り換えた場合の請求は、それぞれ異なっているので、料金の請求を事前によく確認することが大切です。特に、ソフトバンクは要注意です。

ドコモ→ahamoau→povoソフトバンク→LINEMO
変更前の基本料金どちらか高い方を請求日割り計算満額請求
変更後の基本料金どちらか高い方を請求日割り計算日割り計算

auからpovoに乗り換えた場合は、変更前のプラン、変更後のプランともに日割り計算で請求してくれるので、大変分かりやすい仕組みです。

ドコモからahamoに乗り換えた場合は、ドコモのギガプランとahamoの月額料金を比較して、変更月はどちらか高い方の月額料金のみが課金されます。ドコモ契約者は、月末に移行したほうが同じ料金でも使えるデータ容量が多くてお得です。

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えた場合は、LINEMOの契約初月の基本料金は日割り計算で請求されます。しかし、ソフトバンクの解約月のプラン料金は1か月分満額での請求となり、二重払いとなります。さらに、解約月の支払いには、家族割やおうち割などの各種割引も適用外となり、想像以上に高額になる可能性もありえます。

これらのことを、LINEMOサイトに記載していないのは不親切です。

建前は、ソフトバンクの新プランへの乗り換えという位置づけですが、実態は解約と同じ扱いです。そのため、ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えは、できるだけ月末に完了するのがベターです。ただし、SIMカードの配送日にも注意が必要です。SIMカードの配送が翌月上旬と切替作業が月をまたいでしまうと、さらに1ヵ月分の費用を負担して損する結果になるかもしれません。少し余裕を見て申し込んでおくのがいいでしょう。

どのプランもキャリアプランから乗り換える前に、よくチェックしておきましょう。

端末購入できるahamo SIMロック解除必須のLINEMO

ahamoでは、ahamoサイトでの購入とドコモオンラインショップでの購入が可能です。ahamoサイトで販売している端末は、型落ちモデルですが、iPhone 11が5万円弱と中古で購入するよりも割安でお買い得です。最新モデルが欲しいならドコモオンラインショップで。機種変更にも対応しているので、ahamo契約でも簡単に最新のAndroidスマートフォン・iPhoneを購入できます。

また、端末故障時の修理対応も緊急時の通信環境確保のため、オンライン修理受付サービスに加えて、ドコモショップ店頭でも受付可能で端末に不具合が発生しても直ぐに対処できるようになってます。受付自体は無料ですが、加入の補償サービスや修理内容に応じて別途修理代金が発生します。

一方で、povoとLINEMOは、端末の販売はありません。契約前に、家電量販店や通販などで購入した端末を用意する必要があります。LINEMOの場合、ソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマートフォンでもSIMロック解除が必須です。同じキャリアの端末でもそのまま使えないので要確認です。

それぞれのプラン、おすすめな人は?

NTTドコモの「ahamo」、au(KDDI)の「povo」ソフトバンクの「LINEMO」どのプランも、「3,000円未満の月額料金」「20GB」「無料通話オプションあり」といった基本設計は同じです。そのため、携帯電話会社を変更してまで乗り換えるよりは、同じ携帯電話会社内で移行する方が手続きも簡単に済ませることができて楽です。

ahamoがおすすめな人

ahamoの最大の強みは、国際ローミングが国内利用分を含め20GBまで、追加料金不要で利用できる点です。日本人がよく渡航する国・地域をほとんどカバーしており、旅行・出張で海外に行く機会が多いなら、ahamoが断然おすすめ。

通話定額のオプションを含めると、ahamoが一番安くなります。また、ファミリー割引の申し込みが可能で、家族間の国内通話(ドコモ回線→ahamo回線へ発信のみ)を無料にできるメリットもあります。家族揃ってドコモかつ家族と電話する機会が多いなら、他社へ乗り換える必要はありません。

あと、キャリアの公衆無線LANサービス(d Wi-Fi)を無料で利用できるので、データ消費を節約することも可能です。

ahamoがおすすめな人

  • 通話定額が必要な人
  • 家族がファミリー割引に加入している人
  • 国際ローミングを利用する人
  • 外出先で公衆無線LAN(d Wi-Fi)を利用している人

「ahamo公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

povoがおすすめな人

povoの最大の特徴は、「24時間データ使い放題」のトッピングです。テザリング含め1回220円(税込)で24時間データ通信が使い放題になります。データ容量20GBは別枠で使えて、決済が完了したらすぐに利用開始となる点も便利です。

外出先で大容量のファイルをダウンロードやテレワークでリモート会議する時など、月数日だけ大量のデータ通信を行うライフスタイルなら、大容量プランを契約するよりも月額料金を安くできます。テザリングでも使用量の上限がないので、Wi-Fi環境がない中で、パソコン作業する時に重宝すること間違いなしです。

キャリアの公衆無線LANサービス(au Wi-Fi)も無料で契約できるので、「24時間データ使い放題」と組み合わせ利用すれば、データ消費を節約することも可能です。

povoがおすすめな人

  • 5分以内の通話無料も不要で通話をまったくしない人
  • 「データ使い放題 24時間」に魅力を感じる人
  • パソコンをテザリングで接続する機会の多い人
  • 外出先で公衆無線LAN(au Wi-Fi)を利用している人

「povo公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

LINEMOがおすすめな人

LINEMO最大のアピールポイントして、LINEカウントフリーに加えて、LINEスタンプ プレミアム(2021年秋以降)が使い放題があります。、LINEアプリのトークや音声・ビデオ通話で利用したデータ通信量は、月20GBにカウントされないので、LINEのヘビーユーザーには嬉しいサービスです。

LINEでコミュニケーションをとる世代には、かなり魅力的なプランではないでしょうか。

また、1年間期間限定ですが、通話準定額・通話定額のオプションの割引キャンペーンがあり、通話定額のオプションをつけてもつけなくても最安値となります。

LINEMOがおすすめな人

  • 5分以内の通話無料も不要で通話をまったくしない人
  • LINEアプリをよく利用する人

「LINEMO公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

まとめ

ahamo、povo、LINEMOともにメインブランドの料金プランに比べ、シンプルで安い。また、キャリア回線と同等の通信品質であり、格安SIM会社のように時間帯による速度制限もなく、乗り換えやすいのが特徴です。

どのプランも似たような料金設計になっていますが、サービス面では細かな違いが現れています。月額料金の安さに飛びつく前に、サービス内容や制限事項をよく把握して、慎重に選ぶ必要があります。

家族揃って同じ携帯電話会社で、家族割引やインターネット固定回線の割引が適用されるなら、メインブランドのプランの方がお得なケースもあります。どのプランも独自の強みがあるので、自分に合った最適なプランを選んでください。

「ahamo公式サイトへ」もっと詳しくチェックする

注目記事

-webサービス・ガジェット